テイクアウトしてお土産に!名古屋市内のおすすめ手羽先店6選

中部

手羽先は名古屋グルメの代表格であり、名古屋市民から愛され続ける定番料理です。昔は、今ほど手羽先が注目されていませんでした。しかし、名古屋独特の濃い味付けが評判を呼び、現在では名古屋市内の居酒屋の定番メニューとなっています。

名古屋市内には手羽先を取り扱う店が何十件も立ち並んでいる他、デパ地下などで購入することもできます。お土産としても人気が高く、名古屋駅構内でも販売されています。

今回は、名古屋市内でお土産用手羽先を買うのにおすすめの、人気手羽先店6選をご紹介します。

【1】世界の山ちゃん


[出典:世界の山ちゃん]

手羽先といえば「世界の山ちゃん」と言われるほど、名古屋の手羽先を代表するお店です。愛知県外にも店舗を構え、名古屋の味を全国に広めています。

「世界の山ちゃん」の手羽先は、コショウをはじめとしたスパイスが効いた、辛めの味付けとなっています。皮はパリッとしていますが、身はふっくらとジューシーです。ビールとの相性がよいので、お酒好きの人へのお土産にぴったりです。

「世界の山ちゃん」は名古屋市内だけでも31店舗あり、市内のどのエリアにいても買いに行きやすいのが魅力です。一部テイクアウト専門の店舗もあるため、急いでいる時にもおすすめです。

名古屋市内のテイクアウト専門店舗は、大須シネマ店、名鉄メンズ館店、ジェイアール名古屋タカシマヤ店です。

内容量1~5人前入り
販売価格465~2322円(税込)
賞味期限当日中
法人名株式会社エスワイフード
ホームページhttp://www.yamachan.co.jp/
通販世界の山ちゃん

【2】風来坊

[出典:風来坊]

「風来坊」は、手羽先唐揚げ発祥の店です。元々は鶏料理全般を取り扱っており、若鶏の半身丸焼きが目玉商品でした。このメニューに使っていたタレを手羽先の唐揚げにつけてみたことから、現在の手羽先唐揚げが誕生しました。

「風来坊」の手羽先は、甘辛のタレとゴマが絡めてあります。2度揚げされているため、パリッとした食感となっています。大人から子供まで食べやすい味付けで、おつまみにもおやつにもぴったりです。

名古屋市内だけで34店舗あり、そのうちのイオンワンダーシティ店、近鉄名鉄店、近鉄パッセ地下店の3店舗がテイクアウト専門店です。

内容量1人前5本入り~
販売価格572円(税込)~
法人名風来坊
ホームページhttps://furaibou.com/
通販楽天AmazonYahoo!ショッピング

【3】尾張さんわ屋

[出典:さんわグループ]

「尾張さんわ屋」は、名古屋市内に10店舗を構える鶏料理の専門店です。東海地方ではオリジナルテレビCMが流れており、「若鶏といえばさんわ」と多くの人に知られています。

「尾張さんわ屋」の手羽先は、ニンニクの効いた甘辛ダレが特徴です。国産鶏肉の手羽先を使用しており、ふっくらとジューシーな食感です。鶏専門店ならではの、素材のよさが引き立つ手羽先は、贈り物にぴったりです。

名古屋市内では、三越名古屋栄店、サカエチカ店、松坂屋名古屋店、ららぽーと名古屋みなとアクルス店、ジェイアール名古屋タカシマヤ店、名鉄百貨店本店、イオンモール大高店、三越星ヶ丘店で購入できます。

内容量1本
販売価格231円(税込)
法人名さんわグループ
ホームページhttps://www.sanwa-grp.co.jp/
通販さんわ楽天

【4】石昆

[出典:石昆]

「石昆」は名古屋市内に15店舗あり、名古屋駅内だけでも9箇所取り扱いがあります。

「石昆」の「うみゃーっ手羽」シリーズには、「赤鶏のうみゃーっ手羽」「名古屋コーチンのうみゃーっ手羽」「うみゃーっ手羽の唐揚げ」の3種類があります。唐揚げももちろん人気ですが、今回は「赤鶏のうみゃーっ手羽」を紹介します。

国産の手羽先を天然真昆布だしで炊き上げており、ホロホロの食感になっています。「しょうゆ」「八丁味噌」「ピリ辛」の3種の味があり、どれもご飯のお供にぴったりです。

 

真空保存されているため、できたての味がすぐに食べられるのも魅力です。

名古屋市内では、松坂屋名古屋店、三越名古屋栄店、三越星ヶ丘店、名鉄百貨店本店、ジェイアール名古屋タカシマヤ、パレマルシェ神宮店などで販売されています。

また、イオンモール熱田店、パレマルシェ池下店、パレマルシェ中村店、ヨシヅヤ太平通り店、ヨシヅヤ名古屋名西店、清水屋藤ヶ丘店、イオン守山店、フランテ覚王山店、フランテ極楽店でも購入できます。

内容量4本入り
販売価格648円(税込)
法人名石昆
ホームページhttp://www.ishikon.co.jp/
通販石昆Amazon

【5】まつおか

[出典:まつおか]

「まつおか」は、名古屋市内に5店舗あります。「おふくろの味」をテーマにしており、様々な惣菜を販売しています。

食べやすい甘辛のタレに絡めた手羽先は、幅広い年代の人が食べやすい味です。名古屋市内の主要デパート(高島屋、近鉄、三越、松坂屋)にお店があるため、買い物のついでに立ち寄ることができます。

内容量1本
販売価格108円(税込)
店名株式会社まつおか
ホームページhttps://www.souzai-matsuoka.com/

【6】鳥開


[出典:鶏開]

「鶏開」は、名古屋市内に8店舗を構える鶏専門店です。「地産地消」をモットーとし、名古屋コーチンや三河赤鶏などの地鶏を使用しています。

「鶏開」の手羽先唐揚げは、名古屋コーチンを使用し秘伝のタレで味付けしています。揚げる温度を徹底的に管理しており、名古屋コーチンの歯ごたえのよさを味わうことができます。

タレは赤ワインをベースに様々な食材を配合して作られ、継ぎ足して使用されています。こだわりの素材と味が楽しめる手羽先は、少し値は張りますが贈り物にぴったりです。

テイクアウト専門店は松坂屋名古屋店のみです。

内容量1人前3本入り
販売価格720円(税込)
法人名株式会社プログレ
ホームページhttps://www.tori-kai.com/

まとめ

以上、名古屋市内で買える手羽先店6選を紹介しました。一口に「手羽先」と言っても、店によって味付けや食感が異なります。いくつかの店で食べ比べてみるのもおすすめです。

名古屋市へ行く際は、ぜひ参考にしてみてください。