ワインも美味しい!青森のお土産日本酒・ワインBEST5

青森

青森県は世界遺産の白神山地とリンゴ農業で有名な土地です。白神山地に生えているブナの木々は、川の水を浄化する役割があります。その澄み切った水を用いて農業に生かされているのです。

青森県の美味しいお水は、酒造りにも大きな役割を果たしています。青森の酒造りの歴史は古く、津軽藩の時代にまでさかのぼります。伝統的に受け継がれてきた製法や技術により、北国ならではの味を出すことができるのです。

また青森県はリンゴだけでなくぶどうの生産量も非常に多いことで有名です。ぶどうの主な産地は鶴田町、南部町、平川市という中部から北部にかけての三地域です。この三地域で青森県のぶどう栽培面積の約53%を占めています。有名な品種には、スチューベンやキャンベルアーリーなどがあります。

今回はそんな青森県のお土産にうれしい日本酒とワインの名物を8つランキング形式でご紹介します。

【第5位】タムラシードル

 

[出典:http://tamurafarm.jp/]

タムラシードルは弘前の名物ワインです。津軽産のりんごを100%使用したスパークリングアップルワインです。津軽リンゴの絶妙な酸味と渋みを感じさせながらも、すっきりとした甘さも合わせ持つ上品な芳香に定評があります。

果汁に含まれている糖分を発酵させてアルコールと炭酸ガスを生み出すことでこのワインは完成します。世界にも様々な醸造技術が存在しますが、数多い酵母の中から「タムラシードル酵母」と呼ばれるもののみを選抜しています。それにより日本人の舌に合うたシードルが完成するのです。

このワインは国際的にも高い評価を受けており、国際シードルメッセ2017において金賞を受賞しています。

内容量500ml
販売価格1404円(税込)
法人名タムラファーム
ホームページhttp://tamurafarm.jp/
住所〒036-8246 青森県弘前市青樹町18−28
電話番号 0172-88-3836



【第4位】六根

 

[出典:https://matsu-midori.com/]

六根は、青森県の最年少杜氏(とうじ)である安達香さんが醸造する青森の地酒の一つです。明治37年に弘前市にて創業した斎藤酒造店による作品です。

この六根という名前の由来は仏教用語の「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」です。人間の感覚を研ぎ澄まして清らかな状態になることを意味しています。フルーティーなうまみと軽やかなくちどけを楽しむことができます。

内容量720ml
販売価格3240円(税込)
法人名 松緑酒造
ホームページhttps://matsu-midori.com/
住所 〒309-1611 茨城県笠間市笠間1339
電話番号 0296-72-0021

【第3位】下北ワイン

[出典:http://www.sunmamoru.com/]

下北ワインは下北半島で栽培された減農薬ぶどうを100%使用した果実味の白ワインです。除草剤を使用しておらず、遅摘みなのでりんごの甘味を何倍も濃縮したような深い果実味を実現しています。

大体8℃前後が飲み頃であるとされており、イタリアンからフレンチ、和食にも合う一杯です。2008年には、青森県ふるさと食品コンクールで振興会長賞を受賞しており、徐々に評価が上がってきています。

内容量720ml
販売価格4482円(税込)
法人名サンマルモワイナリー
ホームページhttp://www.sunmamoru.com/
住所 〒039-5201 青森県むつ市川内町川代1−6
電話番号 0175-42-3870



【第2位】青森氷菓

[出典:http://www.sunmamoru.com/]

青森氷菓は、フルーティな香りと味わいを楽しむことができるデザートワインです。青森氷菓は第三位にランクインした下北ワインがつくる、超が付くほど甘口のワインです。

青森県での栽培量の多い、ニューヨーク発祥のぶどう品種スチューベンを使っています。この品種はショ糖を多く含んでいるため、糖度が非常に高いのが特徴的です。青森県とニューヨークの緯度は実は一致しているのです。それにより日本で唯一この品種の栽培に適した土地であり、全国生産量の8割以上を占めています。

フルーティーな味わいと同時に蜂蜜のような甘さが口いっぱいに広がり、女性からも高い評価を受けて居る逸品です。

内容量230ml
販売価格2307円(税込)
法人名サンマルモワイナリー
ホームページhttp://www.sunmamoru.com/
住所 〒039-5201 青森県むつ市川内町川代1−6
電話番号 0175-42-3870

【第1位】白神

[出典:http://www.aomori-sake.or.jp/kuramoto/shirakami.html]

白神は、白神山地の伏流水で仕込んだ雫取りの純米大吟醸です。この地域の伝統的な醸造方法である山廃(やまはい)造りが採らています。山廃づくりとは、伏流水を用いつつ自然に発生した乳酸菌の力を借りて醸造するやり方です。

このやり方で醸造することによって、一般的な日本酒とは一線を画した風味と香りを楽しむことができるのです。それは、山廃由来のスパイシーな香りや、深いながらもしっかりとした甘口の味わいです。

銘柄は、白神の山々から流れ出た清らかな水で醸された、自然への郷愁ロマンに由来して命名されました。『自然遺産、白神山地=「自然」=清酒』をコンセプトに観光客や地元の人達など全国規模で多くの人から愛されている地酒の一つとなっています。

内容量1800ml
販売価格1782円(税込)
法人名株式会社白神酒造
ホームページhttp://www.aomori-sake.or.jp/kuramoto/shirakami.html
住所〒036-1443 青森県弘前市米ケ袋村元22
電話番号 0172-86-2106

まとめ

以上青森のお土産にお勧めな日本酒・ワインのベスト5をご紹介いたしました。

地酒はその土地の人々の味覚や風土を表しており、おみやげとして定番です。また最近、東北などの農業が栄えた地域では、ワインもお土産として選ばれています。

日本酒・ワインを通じてその土地の伝統的な味を楽しみましょう。

ぜひ本ランキングを参考にしてみてください。

【関連記事】りんご丸ごとのゼリーも!青森のおすすめりんごゼリー4選 
【関連記事】青森と言ったら定番このお菓子!大人気のお土産ランキング