定番のパイから手作り飴まで!りんごを使った青森のお土産9選

青森

青森と聞いて、何を想像しますか?おそらく、10人中9人が「りんご」だと答えるでしょう。

りんごの生産量国内第1位を誇る青森県には、多種多様なりんごのお土産があります。青森に行ってきたと聞けば、お土産をもらう側もりんごでできたお菓子などを期待するはずです。

今回は、オーソドックスなアップルパイから、ちょっと珍しいりんご飴の手作りキットまで、青森のおいしいお土産をご紹介します。

スポンサードリンク

【1】パティシエのりんごスティック(株式会社ラグノオささき)


[https://item.rakuten.co.jp/ragu-shop/353437/]

「パティシエのりんごスティック」は、スティック型で食べやすいアップルパイです。

サクッとしたパイ・ふわふわしたスポンジ・シャキッとしたリンゴの三層構造で、食感も楽しめます。

パッケージから取り出すと、ほどよく色づいた焼き目が現れます。紅茶と一緒に楽しめば、贅沢なおやつの時間を演出してくれます。

内容量 4本袋入り
販売価格 620円(税込)
法人名 株式会社ラグノオささき
ホームページ http://www.rag-s.com/
住所 〒036-8035 青森県弘前市百石町9
電話番号 0172-35-0353

【2】ラブリーパイ(株式会社はとや製菓)


[http://www.a-hatoya.com/shopping.html]

「ラブリーパイ」は、手のひらサイズの本格的な手作りパイです。

蜜漬けされたりんごとカスタードクリームの相性が最高です。また、つやつやとした見た目もこのパイの魅力です。

迫力あるねぶたのパッケージからは「ラブリー」と程遠い印象を受けます。しかし、開けてみると名前通りの可愛らしいパイが現れます。

パッケージと中身のギャップもこのパイの魅力といえるでしょう。

内容量 1個(1個入り)
販売価格 160円(1個入り、税込)
法人名 株式会社はとや製菓
ホームページ http://www.a-hatoya.com/index.html
住所 〒030-0943 青森市大字幸畑字谷脇69-1
電話番号 017-738-3500
スポンサードリンク

【3】気になるリンゴ(株式会社ラグノオささき)


[https://item.rakuten.co.jp/ragu-shop/220048/]

「気になるリンゴ」は、りんごの定番中の定番である「ふじ」を丸ごと1個包み込んだパイです。

ボリュームたっぷりで、箱を開けたときのインパクトは抜群です。

りんごが描かれたパッケージにも青森らしさが強調されており、お土産として人気が高いです。親しい人へ贈れば絶対に喜ばれるでしょう。

パッケージからして、りんごそのままのサイズなので、よく目につきます。ついつい「気になる」商品です。

内容量 1個
販売価格 864円(税込)
法人名 株式会社ラグノオささき
ホームページ http://www.rag-s.com/
住所 〒036-8035 青森県弘前市百石町9
電話番号 0172-35-0353

【4】アップルスナック(アップルアンドスナック株式会社)


[http://www.applesnack.com/]

「アップルスナック」は、その名のとおり、りんごを使ったスナックです。

油の熱を利用して作られていますが、ただ揚げるのとは違います。

真空に近い減圧状態で乾燥させ、りんごそのままの姿でチップスにしている点が大きな特徴です。このこだわりのおかげで、スナックでありながら、りんごらしい見た目や食感を楽しむことができます。

生のりんごを持ち帰るのは重くて大変ですが、これなら荷物も軽くすることができますね。

内容量 64g
販売価格 400円(税込)
法人名 アップルアンドスナック株式会社
ホームページ http://www.applesnack.com/
住所 〒 038-1141 青森県南津軽郡田舎館村大字川部字上船橋50-10
電話番号 0172-26-5360
スポンサードリンク

【5】いのち(株式会社ラグノオささき)


[http://www.rag-s.com/hometown/index.html]

「いのち」は、とろっとしたカスタードクリームの中に、アップルソースを入れたカスタードケーキです。アップルソースの中には、シャキッとした食感の果肉が入っています。クリームとりんごの甘みのバランスがたまりません。

ひとつひとつがちょうどいいサイズ感で小分けにされており、学校や職場で配るのに便利です。

内容量 4個(りんご4個入り)
販売価格 520円(税込)
法人名 株式会社ラグノオささき
ホームページ http://www.rag-s.com/
住所 〒036-8035 青森県弘前市百石町9
電話番号 0172-35-0353

【6】奇跡のりんごかりんとう(中村醸造元)


[http://kanekame.jp/shopping/sweets-kiseki.html]

「奇跡のりんご」とは、りんご農家の木村秋則さんが世界で初めて栽培に成功した、完全無農薬のりんごです。

この「奇跡のりんごかりんとう」は、かりんとうの生地に希少な無農薬のりんごが練られています。

サクサクとした食感と大人な甘さが特徴で、体にも優しいです。特にシニア世代の方へのお土産におすすめです。

内容量 130g
販売価格 540円(税込)
法人名 中村醸造元
ホームページ http://kanekame.jp/
住所 〒038-3803 青森県南津軽郡藤崎町西豊田3-1-1
電話番号 0172-75-6500
スポンサードリンク

【7】ねぶたシリーズ(青森県りんごジュース株式会社)


[http://www.shinyapple.co.jp/pd_nebuta.html]

りんごジュースなんてどれも同じだ、なんて思っていませんか?

シャイニーのねぶたシリーズはりんごジュースのなかでも一味違います。

このりんごジュースは、りんごの中でも酸味が強く希少な紅玉という品種を使っています。果汁100%で、紅玉りんごの素材の味を存分に生かしたりんごジュースです。

内容量 250g(250g缶)
販売価格 138円(税抜)
法人名 青森県りんごジュース株式会社
ホームページ http://www.shinyapple.co.jp/index.html
住所 〒036-0516 青森県黒石市相野178番地2号
電話番号 0172-52-2321

【8】希望の雫(JAアオレン)


[https://www.ja-town.com/shop/g/g200106107/]
「希望の雫」はふじ、王林、ジョナゴールドなど数種のりんご果汁をブレンドしたりんごジュースです。

密閉絞りなので、酸化防止剤も使われていません。りんご本来の味・色・香りがそのまま瓶に閉じ込められているのが特徴です。

国際味覚審査機構(iTQi)三ツ星で、モンドセレクションの金賞も受賞している逸品の味は喜ばれること間違いなしです。

内容量 1,000ml(6本入り)
販売価格 3,200円(税込)
法人名 JAアオレン
ホームページ http://www.aoren.or.jp/index.html
住所 〒036-8317 青森県弘前市大字外瀬二丁目2番地1
電話番号 0172-33-7520

【9】りんごあめスウィーツキット(株式会社マキュレ)


[http://www.macure.jp/products-candy.html]
最後にご紹介するのはりんご飴です。

なんと、このりんご飴は自宅で手作りができてしまうのです。電子レンジで飴を溶かし、りんごに絡めて好きなパフを盛れば、あっという間に完成します。このパフは、発芽玄米でできているのが特徴です。

普通のお土産ではつまらなけど、りんごの要素は欠かせない。そんなあなたにぴったりのお土産です。

内容量 アルプス乙女6個
販売価格 1,296円(税込)
法人名 株式会社マキュレ
ホームページ http://www.macure.jp/index.html
住所 〒030-0113 青森県青森市第二問屋町4丁目1番7号
電話番号 017-752-0478

まとめ

贈りたい相手にぴったりなお土産は見つかりましたか?

一口にりんごと言っても、さまざまな品種があり味も香りもそれぞれ違います。それぞれの品種のよさを生かしたお土産もあれば、ブレンドして独特のおいしさを生み出しているお土産もあります。

いろいろなお土産を買って、食べ比べてみるのもおもしろいかもしれませんね。

スポンサードリンク