群馬でおすすめのもつ煮はこれ!地元で人気のもつ煮のお土産4選

群馬

こんにゃく生産量全国一位・豚肉消費量全国上位の群馬県には、もつ煮専門店が多くあります。

もつ煮は、牛・豚・鶏などの内臓を煮込んだ料理です。地方によって、味付けや具材が異なります。

群馬県のもつ煮は、もつとこんにゃくのみを具材として使います。野菜を入れない点が特徴です。

今回は、群馬県民のソウルフードである「もつ煮」をご紹介します。

【1】もつっ子(永井食堂)

[出典:永井食堂公式通販]

最初にご紹介するのは、永井食堂の「もつっ子」です。

群馬県渋川市にある「永井食堂」は、多い時で1日600杯も売れるという超人気店です。「秘密のケンミンSHOW」や「スマステSmaSTAION!!」などのテレビ番組でも紹介されていました。

そんな「永井食堂」のもつ煮が、自宅でも楽しめる大人気の商品です。

 

もつ煮の具材は、大量のもつと群馬県産のぷりぷりとしたこんにゃくのみです。

永井食堂では、冷凍のもつは一切使われていません。国産の小腸のみを使用しています。じっくりと煮込んだもつは、柔らかくしっかり味が染みこんでいます。口に入れると、とろけてしまうほどの柔らかさです。この食感が、多くの人を虜にしています。

味噌は、越後味噌と信州みそをブレンドしたものを使用しています。甘辛く深みのある味になっています。

 

「もつっ子」は、1袋3人前です。あまりに人気が高いため、1人2袋までしか買うことができません。

購入場所は、永井食堂の専用販売窓口です。お店の営業時間が終わる18時以降も、専用自動販売機が設置されているので、そちらから買うことが可能です。

1日、120個限定販売です。早い時間帯に売り切れることも多いです。専門窓口での販売の他、インターネット通販でも買うことができます。確実に手に入れたい人は、通販も利用しましょう。

内容量1袋(3人前、1kg)
販売価格1070円(税込)
ホームページhttp://www.cm-tokyo.com/nagai/
住所〒370-2316 群馬県富岡市富岡1052
電話番号0120-53-2338

【2】日の出食堂のもつ煮こみ(日の出食堂)

次にご紹介するのは、創業30年の「日の出食堂」が手掛ける「もつ煮」です。

ご家庭でもお気軽に食べてほしいという思いから、お持ち帰り用のもつ煮も販売するようになりました。

 

アクを取りながら、じっくり煮込んだもつ煮は、柔らかく臭みもないです。肉厚なもつがトロトロの食感になっています。

味噌は、甘みの強い白味噌である、信州味噌を使用しています。くせのないあっさりとした味がもつによく合います。辛さも控えめなため、小さなお子様でも食べることができます

 

しかし、日の出食堂まで行かないと買うことができません。インターネットでの販売もしていましたが、現在は停止しています。

また、日曜日は定休日なので、注意が必要です。

内容量1袋(3人前、1kg)
販売価格1080円(税込)
ホームページhttp://www.hinode-motuni.com
住所〒379-2235 群馬県伊勢崎市三室町6212-3
電話番号0270-63-0666

【3】だるま食堂のもつ煮(だるま食堂)

[出典:だるま食堂]

元々「だるま食堂のもつ煮」は、ラーメン店の裏メニューとして、提供されていました。

後にお客さんの間で好評となり、「家でも食べたい」という要望に応え、持ち帰り用のもつ煮を販売するようになりました。

 

もつは、厳選された群馬県産の上州牛・上州豚を使用しています。じっくりと煮込まれ、口の中でとろけるほどの柔らかさです。噛めば噛むほど、濃厚な肉汁が溢れてきます。

秘伝の赤みそと、化学調味料に頼らないこだわりの「だし」は、濃厚な味わいを生み出しています。

何度も下茹でしているため、もつの臭みやくせもありません。

 

辛さは、普通と中辛の2種類があります。

だるま食堂では、保存料や合成着色料などの食品添加物を一切使っていません。熱殺菌をすることで、日持ちのするもつ煮を作ることに成功しました。小さなお子様でも安心して食べることが出来ます。

「だるま食堂の店舗」、JR高崎駅イーサイト「群馬いろは」などで買うことができます。そのほかにも、公式ホームページからお取り寄せが可能です。

内容量小(500g)、大(1kg)
販売価格小540円(税込)、大1080円(税込)
法人名有限会社大栄龍
ホームページhttp://www.darumaoyaji.com/
住所〒370-0069 群馬県高崎市飯塚町355-3
電話番号027-363-1728

【4】んまいもつ煮(雷帝)

[出典:雷亭]

「んまいもつ煮」は、群馬県渋川市にある、創業50年の「雷帝」が手掛けるもつ煮です。「んまい」とは、群馬弁で「美味しい」という意味です。

元々「雷帝」はもつ煮専門店ではなく、地元で評判のうどん店です。うどんのサイドメニューとして提供していた豚もつ煮が人気を呼び、商品化されました。

 

もつは、国産豚の白モツを使用しています。肉厚のもつは、コリコリふわふわした食感で、食べ応えがあります。

味の決め手である味噌は、「雷帝」特製の合わせ味噌です。ニンニクの効いた味噌ベースの汁が、ご飯によく合います

 

辛さは、甘口・辛口・大辛の3種類用意されています。辛さを決められるのは嬉しい点ですね。

「雷帝」のほかに、「高崎タカシマヤ」、JR高崎駅イーサイト高崎「群馬いろは」、「イトーヨーカドー(大宮宮原店・アリオ上尾店・アリオ深谷店)」などで販売しています。

内容量460g
販売価格756円(税込)
法人名有限会社浅田屋フード
ホームページhttps://kaminaritei.co.jp/
住所〒377-0027 群馬県渋川市金井2320-1
電話番号0279-23-5955

まとめ

以上、群馬県のお土産でおすすめの「もつ煮」をご紹介しました。

群馬県に行った際は、お土産として「もつ煮」も検討してみてください。