遠方へのギフトにおすすめ!築地名物の日持ちするお土産6選

20520949014_250646e06e_k

新鮮な魚があふれる魚市場のイメージが強い築地ですが、遠方から東京観光にきている人にとってはなんとかして美味しい築地土産を持って帰りたいものですよね。

今回は、遠方へのお土産にも安心!東京・築地名物の日持ちするお土産を6つご紹介したいと思います。

[Photo by ENOX360 留学]

スポンサードリンク

1.うおがし銘茶 「煎茶」

06191159_53a251f6c82a3
[出典:https://www.uogashi-meicha.co.jp/onlineshop/products/list.php?category_id=22]

  • 税込価格 :¥540 ~ ¥3,240
  • 買える場所:築地本店(東京メトロ日比谷線「築地駅」1、2番出口)
  • 賞味期限 :製造より12か月

創業1931年、東京・築地にある日本茶専門店『うおがし銘茶』。日本茶一筋80年以上の老舗です。

ユニークなパッケージで人気の煎茶シリーズは、賞味期限も1年間と遠方へのお土産やギフトにピッタリ。すぐには会えない人でもしばらくこっちで保管しておくことができるし、日本茶なら他の食品に比べて焦ることなく自分のペースで消費ができるのが嬉しいですね。

28年間ベストセラー、渋みはあるけど飲みやすい、そして飲みあきないがテーマの「にゅう」(写真左)や、さっぱり柔らかくて飲みやすい、天女のパッケージが目印の「しゃん」(写真右)など、大好評の商品ばかり。

普段使いのお茶が中心なので、カジュアルにもフォーマルにも受け入れられやすいお土産となるでしょう。

2.秋山商店 「かつお節」

okurimono01
[出典:http://akiyamashouten.com/goods/item7.html]

  • 税込価格 :¥680 ~ ¥5,000
  • 買える場所:本店(東京メトロ 日比谷線「築地」駅より徒歩約5分)
  • 賞味期限 :180日(約6ヵ月)

お土産用にも、贈呈用にも。カジュアルにも、フォーマルにも贈れる嬉しい築地土産といえば、『秋山商店』の「かつお削り節」。

ダシをとったり、おひたしにまぶしたり、ふりかけにしたり、おかかのおにぎりにしたりと、何かと使い道が多いので、世帯ごとへのお土産やギフトに最適です。使い道が多い上に、賞味期限も6ヵ月と安心。香りと品質を維持できるよう、パック詰めも用意しています。

削り器をすでに持っている、削りたてのかつお節が好きな方へのお土産には、かつおの本節もおすすめです。本節とカンナのセット(税込¥6,000)もあるので、料理初心者や一人暮らしの若い子にとっては自分でかつおを削る良いきっかけになるかもしれません。

築地のかつおを贅沢に使った「かつお削り節」を、日々の食卓用に長く使えるなんて嬉しいギフトですよね。

3.丸山海苔店 「定番海苔ギフト」

880_1
[出典:http://www.maruyamanori.com/fs/maruyamanori/c/keijiteiban_n/]

  • 税込価格 :¥1,900 ~ ¥11,370
  • 買える場所:築地本店・築地場内店・築地第2店
  • 賞味期限 :約6ヵ月

おにぎりに、焼き餅に、手巻き寿司に、こちらも使い道が多くもらったら嬉しい海苔(のり)のギフトセットです。

安政元年創業からなんと160年以上にわたって、海苔の美味さを磨き上げている築地の老舗『丸山海苔店』。産地や焼き方、色艶や歯切れの良さなど、数々の要望に応え続け、多くの高級寿司店やホテルなどのプロの職人たちが愛用する有名な海苔専門店なのです。

『丸山海苔店』のこだわりとして、仕入れから、製造・企画・販売までを自前で行う事で、品質の管理を徹底しています。賞味期限は6ヵ月。普通の海苔の賞味期限は9~12か月なので、短いと感じる方もいるかもしれませんが、『丸山海苔店』の場合は、品質・鮮度を守るために自主的に賞味期限を6ヵ月に設定しているのです。美味しいものを美味しいときに食べてもらいたいという配慮とこだわりが伝わってきますね。

あまりにもたくさんの量でなければ、お弁当のおにぎり用などに使ってちょうど6ヵ月くらいで消費できるのではないでしょうか。家庭の料理を担当するお母さん、奥さん(もちろんお父さん、旦那さんも)が喜ぶギフトです。

 

スポンサードリンク

4.築地江戸一 「魚の佃煮」

1385441881062929800
[出典:http://edo1-iida.p-kit.com/page203830.html]

  • 税込価格 :¥300
  • 買える場所:築地江戸一本店(築地駅から徒歩約5分)
  • 賞味期限 :60~90日

創業以来約100年間、江戸前佃煮の伝統の味にこだわりつづけ、江戸時代から伝えられる食文化を忠実に継承してきた『築地江戸一』。

食卓に、いつもあると便利でうれしい、ちょっと気の利くおかず、常備菜。『築地江戸一』の「魚の佃煮」の袋詰めは、常備菜としてとっても嬉しいお土産です。特徴は、素材の風味を感じていただけるよう、味が濃すぎず、食感もやわらかく仕上げる浅炊き。佃煮に「硬い」「味が濃い」という印象を持っている方でも安心して食べることができます。

「魚の佃煮」は常温または冷蔵保存で約60日から90日の日持ち。まぐろの旨味を、生姜と醤油で引き立てた惣菜風の佃煮「まぐろやわらか」(写真左)は直射日光を避け常温で90日、「子持わかさぎ」(写真中央)と「たらこ昆布」(写真右)は冷蔵で60日保存できます。ちょっとしたおかずやおつまみとしても嬉しい佃煮の袋詰めは、一人暮らしの友達へのお土産にも喜ばれるでしょう。

【一番人気の「一口ほたて」(賞味期限:冷蔵60日)もおすすめ!⇒参考記事:お持ち帰りにもピッタリ!築地で買えるおすすめのお土産6選

5.築地ちとせ 「天ぷらせんべい」

07311145_51f87a53843af
[出典:http://www.bigbird-shopping.com/products/detail.php?product_id=1297]

  • 税込価格 :¥594 ~ ¥3,229
  • 買える場所:丸の内キッテ グランシェ店 / 羽田空港国内線第1ターミナル・第2ターミナル
  • 賞味期限 :製造日より 60 日

東京の台所、築地。大正元年にオープンした『築地ちとせ』。築地本店は残念ながら閉店してしまいましたが、引き続き東京駅と羽田空港で美味しい築地名物のお菓子を販売しています。

ここ『築地ちとせ』の看板商品が、幅広い世代に大人気の「天ぷらせんべい」。甘みのある「鷹爪海老」をふんだんに使用、日本三大葱の一つ「岩津ねぎ」の他 5 種のこだわり食材でかき揚げを表現したおせんべいです。

ザクザクとした食感で食べ応えたっぷり。子どもから大人まで老若男女に好評の人気商品です。まるで本物のかきあげのような風味で、一度食べたら病みつき。おやつにはもちろん、お酒のおつまみにもおすすめ。賞味期限は約2ヶ月。スイーツは食べ歩き系が多い築地ですが、これなら日持ちも持ち帰りやすさもバッチリですね。

6.柳又(やなまた) 「冷凍マグロ」

o0640037811787950762
[出典:http://craftmans.jp/wp-content/uploads/2012/02/o0640037811787950762.jpg]

  • 税込価格 :要確認
  • 買える場所:築地場内
  • 賞味期限 :約1ヵ月

せっかく築地に来たんだから新鮮な魚を持って帰りたい!そんな方は、築地場内で「冷凍マグロ」を小売で売ってもらいましょう。

築地の場外は比較的観光客の方も多いですが、場内は関係者ばかりでちょっと敷居が高くて入りづらいと思いがちですよね。でも実は、安くて新鮮な魚が手に入るのが場内。個人向けに小売してくれるところもたくさんあるのです。

場内で有名なのが『柳又』の「冷凍マグロ」。解凍方法さえ覚えれば、脂ののったマグロを持ち帰って美味しく食べることができます。賞味期限は冷凍で約1ヵ月ほど。もちろん早めに食べるにこしたことはありませんが、お祝いごとやパーティー用へのお土産として、日にちに合わせて保存しておけるのが嬉しいですよね。

どうしてもあの築地の市場で魚を買ってもってかえりたい!という方は、築地場内がおすすめスポットです。

まとめ

以上、遠方へのお土産にも安心!東京・築地名物の日持ちするお土産を6つご紹介しました。

日持ち系の定番の茶葉。家庭料理の手助けにピッタリの「かつお節」や「海苔」。ご飯のお供・酒の席にぴったりの「佃煮」。本物の海鮮かきあげさながらの本格「天ぷらせんべい」。そして、新鮮な魚好きにはたまらない、築地場内で買える「冷凍マグロ」と、築地を感じさせる豪華なラインナップですね。

是非、お土産選びの参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク