辛い物好き必見!静岡のお土産におすすめの「わさび漬け」5選

静岡

2018年3月、「静岡水わさび伝統栽培」が世界農業遺産に認定されました。

わさびの食べ方は色々ありますが、代表的なものとして、わさび漬けがあります。

わさび漬けとは、わさびの根と葉を細かく刻み、酒粕(さけかす)に漬けた食べ物です。酒粕とは、もろみから日本酒を搾り取った後の、白い残りかすのことです。

わさび漬けは老若男女問わず愛される食べ物です。今回は、静岡で売られている、お土産に最適なわさび漬けをご紹介します。

【1】田丸屋のわさび漬け


[出典:http://www.tamaruya.co.jp/item.html]

田丸屋はわさび漬けを販売している中では、非常に規模の大きな会社です。海外での販売も行っています。

創業から140年以上経っている老舗です。

 

田丸屋は、わさび栽培の発祥の地である安部奥(あべおく)と、富士山の湧き水が豊富な富士宮(ふじみや)に自園を持っています。

恵まれた環境で一年中わさびを栽培しており、特に品質のよいものを金印わさび漬けと称して販売しています。

他のわさび漬けよりも、酒粕の香りが強いです。お酒好きの方にはうってつけの、クセの強いわさび漬けです。

内容量130g
販売価格1350円(税込)
法人名株式会社田丸屋本店
ホームページhttp://www.tamaruya.co.jp
住所〒420-0852 静岡県静岡市葵区紺屋町6番地7
電話番号054-254-1681

【2】田尻屋のわさび漬け

 

この投稿をInstagramで見る

 

田尻屋の包装紙がお洒落 . . #頂き物 #田尻屋 #わさび漬け #大好物

✴︎千代梅✴︎てっちゃんさん(@chiyoume)がシェアした投稿 –

田尻屋は、1753年からわさび漬けを販売しています。

そのため、わさび漬けの元祖と言えば田尻屋のわさび漬けになります。

 

田尻屋はネット販売は一切していません。そのため、静岡県の店舗に直接買いに行かないと購入することができません。

しかも1日に販売する数量が限られているため、手に入れるのが難しいです。

田尻屋がわさび漬けに使っている酒粕は、地元静岡県のものではなく、灘(なだ)の日本酒造のものです。そのため、他のわさび漬けと比較すると酒粕が白くクリーミーです。

内容量69g、126g
販売価格300円、600円
店名田尻屋総本家
住所〒420-0065 静岡県静岡市葵区新通1丁目3番2号
電話番号054-253-0740

【3】うつろぎのわさび漬け

[出典:http://utougi.hiho.jp/souvenir/]

うつろぎのわさび漬けは、わさび栽培発祥の地と言われる静岡市葵区有東木(うとうぎ)で製造・販売されているお土産です。

「うつろぎ」では、わさび漬けだけではなく、地元のお茶や農作物も販売しています。また、地元食材を使った定食も食べられます。周囲にはわさび田があり、おいしい空気と清流のせせらぎを楽しむ事ができます。

また、わさび漬け作りの体験もできます。

 

お店で販売されているわさび漬けはすべて手作りで、工場で大量生産はしていません。

他のわさび漬けよりも量がぎっしり詰まっています。味はクセがなく、あっさりとしていて食べやすいです

子供や辛い物が苦手な人でも食べやすいわさび漬けです。

内容量90g
販売価格350円(税込)
店名うつろぎ
ホームページhttp://utougi.hiho.jp/
住所〒421-2303 静岡市葵区有東木280-1
電話番号054-298-2900

【4】野桜のわさび漬け

野桜は、1858年に創業し、わさび漬けを販売している会社です。わさび漬けの老舗です。

野桜のわさび漬けは、静岡県各地のお土産物屋で販売されています。新幹線改札口前の「GRAND KIOSK」や、静岡伊勢丹の地下1階などで買うことができます。

わさびの茎の歯ごたえは柔らかめで、シャキシャキとした歯ごたえはあまりないです。

 

「激辛口わさび漬け」「辛口わさび漬け」「並口わさび漬け」の三種類のわさび漬けを販売しています。

辛いわさび漬けをお求めの方は、「激辛口わさび漬け」がおすすめです。

内容量70g、180g
販売価格756円、1728円(税込)
法人名株式会社野桜本店
ホームページhttp://www.nozakura.com/
住所〒420-0017 静岡県静岡市葵区葵町39
電話番号054-252-0252

【5】三保屋のわさび漬け

[出典:http://www.mihoya-wasabi.com/]

三保屋は大正十年に創業し、わさび漬けの老舗の中では唯一静岡県清水市でわさび漬けを作り続けています。

三保屋のわさび漬けは緑色が濃いのが特徴です。また、辛みも強く、シャキシャキしていて噛み応えがあります。

 

三保屋は「脇役の味」を掲げてわさび漬けを作っています。そのため、ご飯に合う味付けになっています。

また、化学調味料を使わずに手間暇をかけてわさび漬けを作っています。これは、工場で大量生産している企業の中では珍しいです。

内容量200g、300g
販売価格756円、1080円(税込)
法人名有限会社三保屋わさび店
ホームページhttp://www.mihoya-wasabi.com
住所〒424-0815 静岡市清水区江尻東2丁目1-10
電話番号054-366-3062

まとめ

静岡県はわさび漬けを作っているお店がたくさんあります。

あまり知られていない老舗や、静岡でしか買えないわさび漬けもあります。静岡に訪れた際には、ぜひお土産にご検討ください。