嬉しいリーズナブルなお値段!札幌で買える安いお土産はコレ

16353656941_408c2f4395_k

北海道・札幌には美味しくて新鮮な食べ物がたくさん。

贅沢に食べ歩いたり、お土産に持ち帰ったりしたいところですが、気になるのはやっぱりお値段。安い価格で北海道の幸を購入できるに越したことはないですよね。

今回は、北海道で人気の安いお土産!「海産物」・「カニ」・「ラーメン」・「お菓子」、それぞれのおすすめをまとめてご紹介したいと思います。

[Photo by Jason Luk]

スポンサードリンク

1.札幌の海産物で安くておすすめは?

北海道の海産物を安く買うなら、何はともあれ市場やスーパーで購入するのが一番。

海の幸が人気の北海道ですが、札幌自体は海に面していないので、新鮮さを重視するなら港町の小樽などがおすすめですね。

札幌で少しでも安く海産物を買いたいなら、札幌場外市場か地元のスーパーがベストです。

(※値段は季節・旬や鮮度によって大幅に変わります。)

『JR生鮮市場 北10条店』 イクラ・サーモン・エビなど

  • アクセス:市営東豊線「東区役所駅」(さっぽろ駅から10分)より徒歩約10分

札幌駅から近い地元のスーパーで安いと評判なのが『JR生鮮市場 北10条店』。地元の人たちが、普段の食材を買いに集まるような普通のスーパーなので、市場に比べて鮮度は落ちますが、その日のお買い得が、地元民価格で手に入りますよ。

『札幌エスタ 魚政』 ウニ・カニなど

  • アクセス:札幌駅直結ビル 地下1階

札幌駅の駅ビル『エスタ』の地下1階にある「魚政」。こちらも地元民にも人気の海産物を安く買えるお店です。

その時期の旬の海産物、一般的に高価とされるウニやカニも通常の半額以下のお値段で手に入るかもしれませんよ。

2.お土産で絶対喜ばれる!安いカニはこれ

16055031196_5dfd3b8ac6_k
[Photo by MIKI Yoshihito]

美味しいカニが食べられる北海道。北海道の有名なカニと言えば、毛ガニや花咲ガニ。これらを安価で買える場所といえば、海産物同様、札幌場外市場や地元のスーパーですね。

基本的に現地の人が買いに行く場所は安いです。反対に空港やお土産屋などの観光客向けのところは驚くほど値段に差があるので、美味しいカニをなるべく安く手に入れたいなら、市場や地元のスーパーまで出向きましょう。

札幌場外市場

  • アクセス:地下鉄東西線「二十四軒駅」徒歩7分 / JR「桑園駅」徒歩9分

札幌市内で新鮮なカニのお土産を探しているなら、『札幌場外市場』が間違いナシのスポット。

場外市場のすぐ隣に位置する中央卸売市場から鮮度バツグンの海産物を仕入れて、格安で販売しているので、普通のお土産屋さんよりも安い値段で、新鮮なカニが手に入ります。

約60店舗が軒を連ね、新鮮な海産物の見比べ・食べ比べが出来るのも大きなポイント。実際に自分の目で見て、新鮮で安いものを選びましょう。

“わけあり”で安くなっているカニを狙う

できるだけ安くカニを買いたいなら、「わけあり」と呼ばれるカニを狙うのも良いでしょう。

「わけあり」といっても味などの品質が悪いわけではなく、足が1本折れていたり、切れ端・形崩れなど、正規として売り出すことはできないけれど、品質に問題はないものを通常より安い価格で売り出しているのです。

場外市場で数店舗見て周るときに、「わけあり」でも良いから値段が安いものはあるか、と聞いてみましょう。
 

スポンサードリンク

3.安いのに美味しい!北海道のラーメン3つ

寒い北海道の冬を乗り越えるためには、身体の芯まで温まる美味しいラーメン。札幌は、有名なラーメン店が軒を連ねるほど、美味しいラーメンの宝庫と言われています。

その中でもリーズナブルな価格で持ち帰れる&食べられるおすすめのラーメンを3つピックアップしてご紹介します。

札幌ラーメン寒干し(インスタント麺)

51Q29KIJw1L

[出典:http://www.amazon.co.jp/dp/B00E9OGJIK]

  • 価格   :¥320(3食入り)
  • 買える場所:地元のスーパー

インスタント麺で、スーパーで1食100円以下で買えるのに、麺のこしとツヤはまるで生麺のよう。ラーメンの北海道土産として、美味しさ・コスパともに非常に優れたラーメンです。

じっくり熟成させた生麺を、清潔な環境下でひとつひとつ手で丸めながら枠の中に取り分け、非加熱でじっくり乾燥させてつくられています。

「寒干し」と呼ばれるインスタントラーメンは地元のスーパーなどで見つけることができます。是非、自分用・家族用・友達用のお土産にどうぞ。

すみれラーメン(インスタント麺)

946kitchen_sumiremiro
[出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/946kitchen/sumiremiro.html]

  • 価格:¥540
  • 店舗:札幌市豊平区本店・札幌すすきの店

昭和39年創業以来、職人の技と心で伝統を守り続けてきた老舗のラーメン店『すみれ』。度々メディアでも紹介され、ラーメン店監修のインスタント麺がコンビニに並んだ際には、全国的な知名度となりました。

特に、お土産用の濃縮スープは、お店で食べるラーメンさながらの美味しさ。濃縮スープと香油、麺とメンマが入ったセットが540円で手に入ります。

らーめん サッポロ赤星

  • 価格:¥500~
  • 店舗:狸小路商店街(狸小路七丁目の一番端)

札幌市内でワンコインで食べられるラーメンの有名どころと言えば「らーめんサッポロ赤星」。

最もスタンダードな醤油ラーメンと塩ラーメンは500円で食べることができるので、安くておいしいラーメンを食べたい方、修学旅行生にもおすすめです。

500円とワンコインなのに、チャーシュー・乾燥岩のり・メンマ・ゆで卵も半分入って、満足感たっぷり。コスパが良いと評判です。

4.バラマキ用にもぴったり!安いお菓子はこれ

最後にお土産の定番と言えばお菓子。海産物やラーメンも良いですが、大人数へのバラまき用などはやっぱりお菓子がベストですよね。

以下、安くて美味しい人気のお菓子を3つピックアップしてご紹介します。

『きのとや』 北海道ミルククッキー 札幌農学校

06141716_557d386c7932b

[出典:http://www.kinotoya.com/shop/]

  • 価格:¥540(12個入り) ~ ¥3,780(60枚入り)

北海道産の小麦粉、バター、そして新鮮な牛乳を贅沢に使った正真正銘の北海道生まれのクッキー。ミルクの味が優しく口に残る逸品です。

クッキーはひとつひとつ個別包装で、万人に愛される味。24個入り1,080円のセットは職場職場や学校へのバラマキ土産にも最適ですよ。

『わかさいも本舗パセオ店』 ぽっぽまんじゅう

poppo

[出典:http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010101/1042949/dtlrvwlst/6253023/]

  • 価格   :¥80~(1個)
  • 買える場所:JR札幌駅パセオ1階

『わかさいも本舗』が運営する「札幌ぽっぽまんじゅう」はJR札幌駅限定で製造・販売。札幌駅のおやつとして人気のおまんじゅうです。

黒糖風味のもちもちの皮の中に、ほどよい甘さのあんこが入っており、値段も1個86円。10個買っても1,000円以内で収まるのは嬉しいですよね。昔ながらのおいしさで、年配の方へのお土産にも喜ばれるでしょう。

白いブラックサンダー

white_bt_02

[出典:http://www.yurakuseika.co.jp/02lineup/detail/white_bt.html]

  • 価格   :¥50 ~ ¥1,000
  • 買える場所:札幌市内お土産屋 / 工場直売店

全国的に大人気のお菓子「ブラックサンダー」が白くなって北海道限定で登場です。

「ブラックサンダー」なのに「白い」という不思議なネーミングではあるものの、北海道でしか手に入らない大人気のレアもの。北海道産牛乳のホワイトチョコレートでコーティングされています。

20本買っても1,000円程度と、駄菓子を大人買いする感覚で手に入りますよ。

まとめ

以上、北海道で人気の安いお土産!「海産物」・「カニ」・「ラーメン」・「お菓子」、それぞれのおすすめをまとめてご紹介しました。

海産物

※地元スーパーや市場で買おう!

  • 『JR生鮮市場 北10条店』 イクラ・サーモン・エビなど
  • 『札幌エスタ 魚政』 ウニ・カニなど

カニ

※地元スーパーや市場で買おう!

  • 札幌場外市場(”わけあり”を狙う)

ラーメン

  • 札幌ラーメン寒干し(インスタント麺)
  • すみれラーメン(インスタント麺)
  • らーめん サッポロ赤星(店舗)

お菓子

  • 『きのとや』 北海道ミルククッキー 札幌農学校
  • 『わかさいも本舗パセオ店』 ぽっぽまんじゅう
  • 白いブラックサンダー

是非、参考にしてみて下さい!

▶️その他、「北海道のお土産」の情報はこちら

 

スポンサードリンク