美しい宮古の名産は?沖縄・宮古島でオススメのお土産10選

13898550851_6b2293896c_k

沖縄本島から南西へ約300kmに位置する宮古島。

沖縄で一番キレイな色の海と言えば宮古列島!と言われるほど、美しい海、ビーチで観光地としても大人気です。

今回は、そんな宮古島で買いたいおすすめのお土産をジャンル別に計10個、お土産店やスポットと共にご紹介したいと思います。

[Photo by Vitorio Benedetti]

スポンサードリンク

1.宮古島のお土産どこで買う?オススメのお店&スポット

まず最初に、宮古島でお土産を買ったり、観光をするのにおすすめのお店やスポットからご紹介します。

また、どこの観光地でも同じですが、お土産屋よりも現地のスーパーの方が断然安い場合があります。特に食品系や青果系はスーパーや市場で買うのがおすすめです。

琉球の風 南風(ぱいかじ)屋台村

100569701
[出典:http://www.nanseirakuen.com/restaurants/yatai.html]

  • 価格帯:¥250 ~ ¥5,000
  • 所在地:宮古島市上野字宮国761-1 ホテルブリーズベイマリーナの向かい

食事、お土産に無料ライブまで。沖縄・宮古島を満喫できる複合レジャー施設。毎晩開催されるエイサーや三線ライブのパフォーマンス(無料)は必見です。

島内一の品ぞろえを誇る「琉球離島マーケット」は朝9時から夜の10時まで営業。ディナー後にもお土産選びを楽しめます。

マーケットには、オリジナルヒット商品から宮古ならではの手作りお菓子まで、島の旨さ、楽しさがいっぱい。宮古島の雪塩、雪塩と沖縄食材との合わせ塩など、ちょっとしたお土産におすすめの人気商品もそろっています。

ディナーに、ライブ鑑賞、お土産購入が一気にできるオススメのスポットです。

雪塩ミュージアム

factory_m
[出典:http://www.yukisio.com/factory.html]

  • 価格帯:¥250 ~ ¥3,000
  • 所在地:宮古島市平良字狩俣191 / 宮古島空港から車で約40分

沖縄本島でも大人気の商品、ちんすこうの味としても使われている『宮古島の雪塩』の製塩所が宮古島にあります。

製造工程だけではなく、雪塩の使い方・宮古島のことなど様々な情報をガイドがご案内してくれますよ。

お店自体は小さいけれど、店内は展示販売の商品で充実しています。なんといってもお店の人がとてもフレンドリーなのがポイント。

看板商品の雪塩や、その他雪塩に関連するお土産を買うのはもちろんのこと、ここに来て絶対にはずせないのが雪塩を使ったソフトクリーム。「日本一溶けるのが早いソフトクリーム」と言われています。

ソフトクリームに抹茶塩、ココア塩、ハイビスカス塩などをふりかけて食べるとさらに美味しいです。暑い夏には塩分補給にもピッタリです。

島の駅みやこ

1146441_515710468501852_1907769231_n
[出典:https://www.facebook.com/shimanoeki.miyako]

  • 価格帯:¥150 ~ ¥6,151
  • 所在地:宮古島市平良字久貝870-1 / 空港から車で約10分

島の新鮮な野菜に果物、加工品、お菓子、お酒など宮古島の食材や特産品が勢揃い。食品関係のお土産なら、まずここでほとんど揃いますよ。

また、上で紹介した『宮古島の雪塩』を使った「雪塩ソフトクリーム」はここでも食べられます。時間の都合で『雪塩ミュージアム』まで行けないという方も、ここなら空港から車で10分程度なので、立ち寄りやすいですよね。

施設内に厨房があるので、焼きたてのパンや出来立ての惣菜を食べることができます。テナントでは、宮古そばや宮古漁協の名物まぐろカツバーガー、島のスイーツなども販売。

お土産購入と一緒に、宮古島の「おいしいもの」を楽しめちゃいますよ^^

宮古島市体験工芸村

map-070
[公式:http://miyakotaiken.com/]

  • 価格帯:¥2,000 ~ ¥6,000
  • 所在地:宮古島市平良東仲宗根添1166-286

『宮古島市体験工芸村』には、木工芸・陶芸・貝細工・郷土料理・宮古馬乗馬体験・宮古織物など9つの工房があり、各工房で体験ができます。

宮古島に古くから伝わる宮古織物の体験では、オリジナルのストラップなどを作ることができますよ。また、宮古牛の角を使ったアクセサリー作りも、ここでしかできない体験。

宮古島でのみ生産されている貴重な重要無形文化財「宮古上布(みやこじょうふ)」見学もできるので、織物などの伝統工芸好きにはたまりません。

宮古織りという麻と綿で織られた小物や、宮古上布の名刺入れやストールなど、自分用やギフト用のお土産を手作りもしくは購入するのにピッタリの場所です。

 

スポンサードリンク

2.宮古島でおすすめのお土産【カテゴリー別】

続いて、本題のおすすめのお土産をカテゴリー別に計10個まとめてご紹介したいと思います。

お菓子のお土産4選

まずは、宮古島のお土産で人気&有名なお菓子を4つご紹介します。

モンテドール 「バナナケーキ/ミニバナナケーキ」


[出典:http://www.montedoll.com/index.htm]

  • 価格:¥864~
  • 店舗:モンテドール本店(宮古島市平良字西里7番地の2)

ふんわりやわらか、スムーズな舌触りで、宮古島のスイーツのお土産の代表格ともいえる『モンテドール』のバナナケーキ。

さらに食べやすくなったミニバナナケーキも登場です。

バナナの味がしっかりと生きた上品な味わいのパウンドケーキは、子どもから大人まで大好きな大人気のお菓子です。

 

モンテドール 「琉球スティック」


[出典:http://www.montedoll.com/index.htm]

  • 価格:¥1,296
  • 店舗:モンテドール本店(宮古島市平良字西里7番地の2)

「モンテドール」を代表するケーキの美味しさ・香りをそのままに焼き上げたスティックケーキ。食べやすくてパッケージもオシャレ。「バナナケーキ」に続いて大好評のお菓子です。

マンゴー、パイン、紅いも、シークワーサー、黒糖の5種が2本ずつ入った10本セット。ばらまき土産にも最適です。

 

ラトゥール 「ロールケーキ」


[出典:http://planet.ti-da.net/c125985.html]

  • 価格:¥680
  • 店舗:ラトゥール本店(宮古島市平良字西里567)

宮古島でロールケーキといえばココ!「ラトゥール」のとってもユニークなロールケーキは、一般的なクリームたっぷりのロールケーキと違って、ジャムが入っているので、甘いものが苦手な人でもサッパリ食べやすいのです。

ふわふわで軽い食感の生地もたまりません。ぺろりと平らげられそうですね。

賞味期限が冷蔵3日と短いので、自宅用土産や手土産におすすめです。

 

博愛せんべい


[出典:http://tomishiro18.ti-da.net/e7056886.html]

  • 価格:¥756~
  • 店舗:各お土産屋・空港

こちらも宮古島のお土産の定番。シンプルな瓦せんべいに宮古島の地図や文字が入った刻印がされています。

宮古観光を盛り上げるため、遙か昔に特産品としてつくられてから今でも愛され続けている「博愛せんべい」。沖縄本島では見ないので、宮古ならではのお土産にピッタリですよ。

食べ物のお土産3選

続いて、食べもの系全般の宮古島土産でおすすめの商品を3つ見ていきましょう。

宮古島の雪塩


[出典:http://yukisio.com/]

  • 価格:¥378 ~ ¥1,296
  • 店舗:各お土産屋・スーパー・空港

沖縄本島でもよくみる、有名すぎるほど有名な「宮古島の雪塩」。

サンゴが育つ美しい海を持つ宮古島で丁寧に作られた塩です。海水中の成分をできるだけ残す事にこだわっているので、栄養成分たっぷりですよ。

サラサラのパウダー状の塩で、ミネラル含有数でギネスブックにも認定されたほど。料理の味付けはもちろんのこと、バスソルトや洗顔、マッサージにも使われています。

 

マンゴー・アップルマンゴー


[出典:http://www.utopia-farm.net/mango.htm]

  • 価格:¥3,500~
  • 店舗:各農家・ネット通販など

マンゴーの中でもダントツのトロピカルな甘い香りとジューシーでとろけるような味わい。それが「アップルマンゴー」と呼ばれるマンゴーです。

真っ赤でキレイ、味も甘くて濃厚、そんなパーフェクトなマンゴーはそう簡単につくれるわけではもちろんございません。

生産農家さんが丁寧に育てて作り上げられた貴重な宮古島のアップルマンゴーは、同じくマンゴーで有名な宮崎のものより甘いと好評。

収穫期間は夏(7月頃)のみとなるので、タイミングをしっかり見計らって、見逃さないようにゲットしましょう。(通販がおすすめ!)

 

宮古そば


[出典:http://shop.eikohworld.co.jp/products/detail.php?product_id=201]

  • 価格:¥600
  • 店舗:各お土産屋・空港

沖縄そばの中でも、宮古島発祥の沖縄そばが「宮古そば」です。なまって「宮古すば」とも言われます。

沖縄本島と比べると麺が細めで、スープの絡みが良いのが特徴。スープはあっさりめの味付けです。

沖縄そば好きには是非一度食べ比べてみてほしいですね。

雑貨のお土産3選

最後は、雑貨のお土産のおすすめを見てみましょう。

DESIGN MATCH(デザインマッチ) 宮古島モチーフグッズ


[出典:http://designmatch.ciao.jp/pd_detail_n_tenugui.html]

  • 価格:¥1,500
  • 店舗:DESIGN MATCH(宮古島市平良下里572-3)

宮古島好きが喜ぶオリジナルグッズがたくさんの「デザインマッチ」。宮古島モチーフのデザインだけど、日常生活でも愛用できるようなハイセンスなデザインで、地元の人にも人気のお店です。

手ぬぐいでつくられたペットボトル入れや赤ちゃんのよだれかけ(スタイ)も沖縄や宮古っぽい柄でとっても可愛いです。

赤ちゃん用のアイテムも多いので、友達や友達の赤ちゃん、姪っ子・甥っ子へのギフトにもおすすめですよ。

 

太陽のしずくアクセサリー

tida
[公式:http://www.nangokutida.com/]

  • 価格:¥1,800 ~ ¥8,500
  • 店舗:南国雑貨Tida(宮古島市上野字新里1214)

海が見えるカフェ&雑貨屋『南国雑貨Tida』。(ちなみに「Tida」は「太陽」という意味です。)ストラップ、キャンドル、アクセサリー、シーサーなどなど店内にはオシャレな商品が並びます。

特にオススメは「太陽のしずく」と呼ばれるアクセサリー。宮古島の土にこだわった一点もの。日々変わる島の海の青さ、空の色を表現した、芸術作品ともいえる商品ばかりです。

大切な人へのお土産、また旅の思い出として自分へのお土産にいかがですか?^^

 

まもる君グッズ


[出典:http://blogs.yahoo.co.jp/fukurow88123/7478514.html]

  • 価格:¥300~
  • 店舗:各お土産屋

宮古島を語る上ではずせないのが、「宮古島まもる君」。宮古島警察署管内にあたる宮古列島の道路などに設置されている警察官型人形の愛称です。

現在は15体ほどの「まもる君」が宮古島全域の交通安全を見守っています。真っ白い顔の警官姿は最初ちょっt気味が悪いですが、慣れてくるとなんだかハマる可愛いキャラです。「まもる君」グッズは宮古島ファンの中ではマストなお土産なのです。

3.宮古島土産を通販で買おう!

宮古島のお土産は、通販サイトでも購入することができます。

特に、宮古島を代表する新鮮で甘いアップルマンゴーは、時期を合わせて行かない限り、なかなか食べられないのが現実です。

予めネットで状況をチェックしておいて、ウェブサイトや通販で注文するのがおすすめです。

是非、上記の通販サイトも参考にしてみて下さい!

まとめ

以上、宮古島で買いたいおすすめのお土産をジャンル別に計10個、お土産店やスポットと共にご紹介しました。

宮古島ならではのお菓子や特産品、雑貨を買うのにオススメのお土産ばかり。また、お土産選びと一緒に食事や手作り体験もできるところがあるのも嬉しいですよね。

是非、お土産選びの参考にしてみて下さい^^

スポンサードリンク