どんな特産物がある?沖縄・石垣島でおすすめのお土産13選

11352950295_ea937034e5_k

沖縄県内では沖縄本島、西表島に次いで3番目に広い島である「石垣島」。

沖縄本島とは一味違う、美しい景色やビーチ。成田空港や関西空港から、石垣島への直行便が出ているほど、有名で人気な観光地ですね。

今回は、石垣島で買いたいおすすめのお土産を13個まとめてご紹介!人気のショップやスポットも合わせてご紹介したいと思います。

[Photo by Nicholas Wang]

スポンサードリンク

1.石垣島で立ち寄りたい、おすすめのお土産屋・スポットはココ!

まず最初に、石垣島でお土産を買ったり、観光をするのにおすすめのお店やスポットからご紹介します。

ユーグレナモール

石垣市大川にある日本最南端のアーケード商店街。人気の観光&ショッピングスポットであり、観光客で賑わっています。

石垣島の買い物やウインドウショッピングにおすすめのスポットですよ。

NAtivE Art(ネイティブアート) 八重山ブランド

  • 価格帯:¥1,620 ~ ¥12,960
  • 所在地:ユーグレナモール内「いしがきいちば」の奥にあるアクセサリーショップ

石垣島の素材貝などを生かし、文化を取り入れた人気のオリジナルブランド『NAtivE Art』の唯一の直販店。

八重山ミンサー織りの模様を取り入れたアクセサリーや石垣島特製の貝細工アクセサリーを始め、シーサーや石敢當(いしがんとう)などを取り入れたお守りなども販売する、石垣島内でも一、二を争う品揃えが豊富なお土産屋さんです。

商品のことのみならず、ミンサー(沖縄の伝統織物)のことや石垣の話をたくさん聞ける場所です。

純粋さ、素直さを引き出してくれると言われている「夜光貝(やこうがい)」を使ったアクセサリーや、魔除けのお守りとされる黒蝶貝(くろちょうがい)を使ったミンサー柄の商品などが人気です。

クオリティーが高いとかなり評判が良いお店。石垣島に行った際には是非とも訪れてほしい場所です。

琉球まぶやー 手作り館

1446360456
[出典:http://mabuya-ishigaki.jimdo.com/]

  • 価格帯:¥1,000 ~ ¥5,000 (オプションパーツ代は別)
  • 所在地:石垣市大川257-1 市役所から1分

オリジナルの石垣島雑貨が作れるお店「琉球まぶやー」。ここにしかないお土産・雑貨・アクセサリー・ギフトなど豊富に取り扱っています。(ちなみに「まぶやー」は沖縄の言葉で「魂」を意味します。)

石垣島のキレイな海で拾ってきた貝やサンゴ、そのまま持って帰るだけじゃもったいない!自分で集めた素材でオリジナルグッズを作ってみましょう。

アクセサリーを始め、写真立て、シーサーペイント、サンゴランプ、マグネットなども手作りでオリジナルを作れます。

作業時間は作るものによって 10分 ~ 180分と大幅に代わります。手作り体験する時間がない方も、店内には種類豊富な商品を取り扱っているので、お土産を購入に最適。

『琉球まぶやー』のオリジナルアクセサリーやハンドメイド雑貨、石垣島の限定お土産なども手に入ります。

さらに、10時から 14時までに来店された方は、お土産・セール品含め全て 10%OFF になります。これはとっても嬉しい情報ですね^^(最新情報についてはホームページを参照下さい。)

海人工房(うみんちゅこうぼう)

b3
[出典:http://www.isigakizima.net/]

  • 価格帯:¥240 ~ ¥5,000
  • 所在地:石垣市美崎町4 離島ターミナルから徒歩1分

石垣島で誕生した「海人Tシャツ」は今やお土産の人気定番アイテムですね。Tシャツはもちろんのこと、お菓子、アクセサリー、雑貨などの商品も多数取り揃えた『海人工房』。

「海人Tシャツ」に加えて、オリジナルTシャツを作る事もできます。

石垣島ショッピングプラザ

honten-main
[出典:http://ishigakijima.shop-pro.jp/]

  • 価格帯:¥450 ~ ¥10,000
  • 所在地:石垣市平得370-3

石垣空港からも、石垣港からも車ですぐの好立地。八重山伝統工芸品及び沖縄のお土産が揃った総合ショッピングプラザがオススメです。

石垣島限定品や石垣産のフルーツ(マンゴー、パイナップル)など石垣島にこだわったお土産を販売しているお店。

有名・人気の石垣の塩関連やお菓子類に加えて、オリジナルの泡盛・もろみ酢なども販売しています。季節事の楽しいイベントも開催。

2階はキャビン(船内)をイメージした木の香り漂うレストラン。石垣島最大級の熱帯魚の水槽を設置し、石垣牛やシーフードの鉄板焼きなどを食べることができます。

お土産選びと一緒にランチで楽しめる、石垣島のものなら何でもそろうショッピングプラザです。

石垣空港

石垣空港にもお菓子や雑貨などが幅広くそろう店がたくさん。お土産の買い忘れも安心。定番商品なら出発前に空港で手に入りますよ。

 

スポンサードリンク

2.石垣島でおすすめのお土産【カテゴリー別】

続いて、本題のおすすめのお土産をカテゴリー別に計12個まとめてご紹介したいと思います。

お菓子のお土産6選

まずは、石垣島のお土産で人気&有名なお菓子を6つご紹介します。

石垣島ロイズ 「黒糖チョコレート」


[出典:http://blog.livedoor.jp/nh601988/archives/52369355.html]

  • 価格:¥702
  • 店舗:各お土産屋

『ロイズ』といえば北海道が有名ですが、「ロイズ石垣島」も負けていません!

沖縄県産の黒糖を贅沢に使ったチョコレート。黒糖とチョコレートのコンビネーションでかなり甘めのテイストなので、甘党の方におすすめです。

小分けパッケージが可愛いので、職場や学校へのバラマキ土産にピッタリですね。

 

石垣島ロイズ 「ポテトチップチョコレート」


(※画像は国際通り店にて撮影)

  • 価格:¥778
  • 店舗:各お土産屋

石垣島の海水を原料とした「石垣の塩」を使ったポテトチップの片面に、口どけの良いチョコレートをかけた「ポテトチップチョコレート」。

しょっぱさと甘さが絶妙で大人気のポテトチップチョコレートが沖縄土産としても食べられますよ。

 

紅芋パイ


[出典:http://item.rakuten.co.jp/ishigakijima/beniimo-001/]

  • 価格:¥1,080
  • 店舗:各お土産屋

石垣島で獲れた紅芋「沖夢紫」を香ばしいパイ生地で包んだ、人気のお菓子。

「沖夢紫」は紅芋の一種で、他の品種に比べて糖度が高く、食感もよいのが特徴。沖縄では夢の品種として育まれているんだとか。希少な「沖夢紫」の紅芋パイは石垣ならではのスイーツ土産です。

 

八重山ちんすこう


[出典:http://miyagikasiten.com/shohin_4.html]

  • 価格:¥378
  • 店舗:宮城菓子店(石垣市石垣)

沖縄の伝統的なお菓子であり、定番土産のちんすこうですが、同じちんすこうでも、原材料やメーカーによって微妙に味や食感が異なるのがおもしろいところ。

石垣島が位置する八重山諸国原産の紅芋や黒糖を使ったちんすこうセットです。(プレーン味、紅芋味、黒糖味の3種類)

 

塩せんべいフロランタン


(※画像は国際通り店にて撮影)

  • 価格:¥970 〜 ¥2000
  • 店舗:宮城菓子店(石垣市石垣)

沖縄伝統菓子「塩せんべい」に、香ばしくキャラメリゼしたアーモンドを合わせた大人気のお菓子「塩せんべいフロランタン」。

「石垣の塩」を使ったオリジナル塩スイーツです。さくさく軽めの塩せんべいの良さを残しつつ、キャラメル&アーモンドの上品な味わいが包み、新感覚のお菓子と言えるでしょう。

 

泡盛ゼリー

b1
[出典:http://www.isigakizima.net/]

  • 価格:¥303 ~ ¥1,944
  • 店舗:泡盛ゼリー本舗(ユーグレナモール西 沖縄銀行斜め向かい)

スイーツ感覚で楽しめる「泡盛ゼリー」。泡盛は強すぎて飲めない・・・という人にオススメ。凍らせて食べても美味しいです。

泡盛で作ったこだわりのゼリーばかり。石垣発、沖縄県内でもラベルを使った泡盛ゼリーは初!

お酒好きなお父さんへのお土産にもピッタリ。泡盛梅酒ゼリーは甘くてサッパリ食べやすく女性に人気です。石垣島の泡盛だけで作った泡盛ゼリー6つセットをお土産にいかがでしょうか?

(※アルコールを含むので、車の運転前またはお酒の苦手な方や未成年の方はご遠慮ください。)

食べ物のお土産5選

続いて、食べもの系全般の石垣土産でおすすめの商品を5つ見ていきましょう。

石垣牛


[出典:http://www.ryukyu-h.com/cat9b0000.html]

  • 価格:¥3,000
  • 店舗:各お土産屋・精肉店

沖縄県石垣市もしくは八重山郡(竹富町、与那国町)で生産され、一定の条件を満たす黒毛和種の牛肉のことを石垣牛と呼びます。

せっかく石垣島に来たならやっぱり石垣牛を思いっきり堪能してほしいですね。

肉の味がよくわかるステーキなどが特におすすめです。現地で食べて忘れられないくらい美味しかったら、お土産用に買って帰りましょう。

 

石垣牛ジャーキー

(※画像はイメージです)

  • 価格:¥1,000
  • 店舗:各お土産屋

石垣牛そのものだけではなく、ちょっとしたおつまみやおやつにもピッタリのジャーキーがおすすめ。

噛みしめる度に、贅沢な石垣牛の旨みや甘み、ものによってはピリッとした辛さが染み出て、一度食べたらクセになる、そんな味ですよ。

 

八重山そば


[出典:http://soba.ryukyuichiba.co.jp/ryukyusoba/7.1/3/]

  • 価格:¥173
  • 店舗:各お土産屋・スーパー

石垣島が位置する八重山諸島特有のおそばのお土産です。

沖縄そばの麺の中でも、細めでコシの強い麺が特徴的な八重山そば。沖縄そば好きには是非一度食べ比べてみてほしいですね。

 

 

島胡椒(ぴぱーつ)


[出典:http://item.rakuten.co.jp/u-ishigakijima/4571199270407/]

  • 価格:¥300~
  • 店舗:各お土産屋

石垣島の名産の一つとして島胡椒があげられます。石垣島現地の人にも多く愛用されている調味料。

甘い香りにまろやかな辛味が特徴です。そば、ラーメン、カレー、肉・魚料理など幅広く使えて便利。

島胡椒は方言でピパーツ、他にもヒバーチやヒハツなど様々な呼び方があるようです。

 

じゅーしーかまぼこ

03260141_49ca5eaa3e640
[出典:http://www.kanbukuya.com/]

  • 価格:¥1,600 ~ ¥4,860
  • 店舗:金城かまぼこ(石垣市新栄町73−9)

創業以来、八重山かまぼこの伝統を守り、石垣島の素材を使用したこだわりの味自慢の『金城かまぼこ店』。

じゅーしーかまぼこ・ブラックじゅーしー・たらし揚げかまぼこ・丸かまぼこ・平かまぼこ・紅白かまぼこなどなど、種類豊富なかまぼこを取り扱っているわけですが、その中でもダントツでオススメしたいのが、「じゅーしーかまぼこ」と「ブラックじゅーしー」。

雑誌やテレビでも取り上げられる、金城かまぼこオリジナル、人気No.1の商品なのです。

『じゅーしー』とは沖縄の炊き込みご飯のこと。それをおにぎりにしてかまぼこで包み揚げています。ブラックじゅーしーは、外はイカ墨かまぼこ、中は石垣島のウコンを使用したドライカレー風味となっています。

雑貨/アクセサリーのお土産2選

最後は、雑貨やアクセサリー系のお土産のおすすめを見てみましょう。

Tilla Earth


[出典:http://bridal.tilla-earth.com/products/mr20.html]

  • 価格:¥3,000 ~ ¥10,000
  • 店舗:石垣本店(石垣市美崎町3番地)

石垣島に本店を持つジュエリー・アクセサリーショップ『Tilla Earth Ishigaki(ティーラ・アース・石垣)』。石垣島生まれのオリジナルデザイン。ひとつひとつ心を込めて、熟練した職人の手によって作られています。

石垣島本店にはショップに併設した工房があり、職人が手作りしているところをお店から見学することもできます。

お土産屋・ギフトにピッタリのカジュアルなネックレスやピアスから、オーダーメイドの婚約指輪・結婚指輪まで、ジュエリー・アクセサリー分野を幅広く取り扱っています。大切な恋人や家族、両親へのお土産に最適ですよ。

 

八重山ミンサー織りグッズ


[出典:https://www.ishigakijimayui.com]

  • 価格:¥2,000
  • 店舗:各お土産屋

沖縄地方で織られている、ミンサー織りのモチーフ。ミンサー織りの柄は「いつ(五つ)の世(四)までもあなたへの愛は変わらない」というメッセージを込めた織物と言われています。

一般的に沖縄本島では「ミンサー」と呼ばれていますが、正式名称は「八重山ミンサー」。つまり八重山諸国が起源なのですね。

石垣島のお土産にはこのロマンチックな意味が込められた「八重山ミンサー」をあしらったアクセサリーやポーチなどの雑貨がおすすめです。

3.石垣島のお土産は通販でも買える!

石垣島の名産、石垣牛や調味料、お菓子などは通販サイトでも注文することができます。

特に定番・石垣牛は生肉や冷凍肉をわざわざ買って帰るよりか、通販で頼んで冷凍発送してもらった方が、より新鮮でおいしく食べられるでしょう。

是非、上記の通販サイトも参考にしてみて下さい!

まとめ

以上、石垣島で買いたいおすすめのお土産を13個まとめてご紹介しました。

沖縄本島とは違う魅力、新鮮な魚介類を楽しめることや、比較的良心的な価格の店が多いことが特徴です。

人も自然も食事も最高の石垣島。旅行の際は、是非お土産選びの参考にしてみて下さい^^

スポンサードリンク