牛タンにずんだ餅にタコ!宮城のせんべいでおすすめのお土産7選

宮城

宮城のお土産といえば、牛タンやずんだ餅など、持ち帰るのが大変な食べ物ばかりが思い浮かぶのではないでしょうか。せっかくのおいしい食べ物でも、要冷凍・冷蔵というだけでお土産にするには少し気が引けるものです。

しかし、牛タンもずんだ餅も、手軽にせんべいで味わうことができます。

今回は、牛タン味・ずんだ味のものから、海鮮の旨味が詰まったものまで、さまざまな宮城のせんべいをご紹介します。

スポンサードリンク

【1】牛たんせんべい

[https://www.dategyu.jp/shop/item_detail?category_id=301945&item_id=1024139]

「牛たんせんべい」は、牛タンレストランの有名店「伊達の牛たん本舗」が製造する牛タン味のせんべいです。

いぶした牛タンが練りこまれており、程よい塩味が牛タンの風味を引き出します。薄めでパリッとしており、手軽に食べられる一枚です。

お店で牛タンを味わったついでに買っていくこともでき、何件もお土産屋を回る手間も省けます。

内容量 2枚×16袋
販売価格 1296円(税込)
法人名 株式会社 伊達の牛たん本舗
ホームページ https://www.dategyu.jp/shop/
住所 〒980-0021 仙台市青葉区中央4-10-11
電話番号 022–722-5225

【2】ずんだ煎餅

[http://www.papagonomi.com/mart.html#gift/]

「ずんだ煎餅」は、宮城の郷土菓子「ずんだ餅」をモチーフに作られたずんだ味のせんべいです。

ずんだ特有のつぶつぶした食感が苦手という方も一定数います。しかし、この商品は、そんな方でも安心して食べることができます。

生ものでお土産として持ち帰るのが大変なずんだ餅の代わりにもなり、人気の高いお土産です。

内容量 9枚入
販売価格 378円(税込)
法人名 株式会社 松倉
ホームページ http://www.papagonomi.com/index.html
住所 〒989-6172 宮城県大崎市古川前田町4-6
電話番号 0229-22-0259
スポンサードリンク

【3】三陸たこせんべい

[https://www.kaisen-shiogama.com/sanriku-takosenbei/]

「三陸たこせんべい」は、三陸名物のタコを練りこんだせんべいです。

宮城県の北に位置する三陸は、地元の伝承にタコの物語が残っているほど、タコ漁が盛んです。せんべいには、三陸のタコに加え、宮城県の都市・塩竈(しおがま)の藻塩が使われています。

藻塩は海藻から採れる塩で、ほんのり色づいているのが特徴です。

秘伝の甘辛いタレとタコの相性は抜群です。タコの旨味が一枚に凝縮された、味わい深いせんべいです。

内容量 150g
販売価格 480円(税込)
法人名 海鮮せんべい塩竈株式会社
ホームページ https://www.kaisen-shiogama.com/
住所 〒985-0001 宮城県塩竈市新浜町3丁目30番地30
電話番号 022-363-5030

【4】初代伝蔵せんべい

[https://tamazawa.jp/products/proper/]

「初代伝蔵せんべい」は、さくさくとした生地にクリームを挟んだ焼き菓子です。

仙台藩の御菓子司(おかしつかさ)であった「玉澤」の初代・玉澤伝蔵は、菓子作りに、当時は珍しかった洋菓子の風味を取り入れました。御菓子司は今でいう和菓子屋のことです。

300年以上の歴史を持つ「玉澤」は、初代の精神を受け継ぎ、今では定番商品となったこの「初代伝蔵せんべい」を作り上げました。

「クリーム味」と「抹茶クリーム味」の2種類があり、どちらも上品な味に仕上がっています。

内容量 1枚
販売価格 130円(税込)
法人名 株式会社 九重本舗玉澤
ホームページ https://tamazawa.jp/index.php
住所 〒982-0003 宮城県仙台市太白区郡山4-2-1
電話番号 022-246-3211
スポンサードリンク

【5】松島こうれん

[http://www.miyagibussan.or.jp/shop/item_detail?item_id=2155144]

「松島こうれん」は、一子相伝で23代もの間製法を伝え続け、多くの人に愛されてきた松島の銘菓です。

松島の瑞巌寺(ずいがんじ)で、参拝者がお供えした米を粉にしてせんべいを焼き、村の人々に施したのが起源とされています。

宮城産ササニシキブランドの米、砂糖、塩のみを使用しており、添加物などはいっさい入っていない人気商品です。

内容量 2枚
販売価格 110円(税別)
法人名 株式会社紅蓮屋
ホームページ http://matsushimakouren.com/
住所 〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島字町内82
電話番号 022-354-2605

【6】カキとコメと

[https://mpantry.jp/product/%E3%82%AB%E3%82%AD%E3%81%A8%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%81%A8/]

「カキとコメと」は、宮城県産の牡蠣と米粉を原料とするせんべいです。

丸めた米粉の生地に、それよりも大きなサイズの牡蠣をのせて、高温プレス機で焼いて完成します。文字通り、牡蠣と米の旨味が凝縮されています。米粉には、粘りの強さが特徴のひとめぼれが使われています。

松島にある M Pantry の店頭では、焼きたてで販売しています。通販でも購入できますが、焼きたてを味わえるのはここだけです。

お土産として買う楽しみだけではなく、その場で味わう楽しみもあり、まさに一石二鳥です。

内容量 6枚
販売価格 1750円(税込)
法人名 株式会社鈴国
ホームページ https://mpantry.jp/
住所 〒981-0213 宮城県宮城郡松島町高城字町75番地
電話番号 022-349-5141
スポンサードリンク

【7】三陸海鮮ミックス

「三陸海鮮ミックス」は、海鮮せんべいが8種類詰まったせんべいアソートです。

それぞれ1種類ずつのパックも生産されていますが、磯えび煎をはじめ、さまざまな三陸の味を楽しめるのが「三陸海鮮ミックス」のお得なところです。

工場はテーマパーク化しており、製造工程の見学はもちろん、オリジナルのせんべい作り体験もできます。

商品自体は仙台国際空港をはじめとするさまざまな場所で手に入れることもできますが、お土産購入のついでに工場に立ち寄ってみるのも面白いです。

内容量 150g
販売価格 480円(税込)
法人名 海鮮せんべい塩竈株式会社
ホームページ https://www.kaisen-shiogama.com/
住所 〒985-0001 宮城県塩竈市新浜町3丁目30番地30
電話番号 022-363-5030

まとめ

上記のように、宮城にはたくさんのせんべいがあります。

「牛たんせんべい」のようなせんべいは、もらったらすぐに宮城のお土産だとわかります。一方、「カキとコメと」のような一風変わったせんべいも、話の種になりそうですね。

ぜひ、さまざまな味のせんべいを楽しんでください。

スポンサードリンク