日本最北端『稚内』お土産は何が人気?おすすめのお土産8選

日本最北端、北海道・稚内(わっかない)市。

最北端というロケーションを活かし、水産や酪農、観光などに力を入れており、宗谷岬やノシャップ岬から眺める北の海が格段に美しいのが魅力的です。

今回は、そんな自然豊か&新鮮な素材も豊富な稚内で買いたいおすすめのお土産を8つご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

1.稚内でおすすめのお土産屋は?

まず最初に、稚内のお土産がそろう、おすすめのお店やスポットをいくつか見ていきましょう。

ワッカナイセレクト

  • 住所:稚内市中央3丁目6-1
  • アクセス:稚内駅前複合施設「キタカラ」1F
  • 営業時間:10:00 ~ 18:00

地元の稚内はもちろん、北海道各地から厳選されたご当地特産品など豊富な品揃えのお土産ショップ。

「稚内ブランド」認定商品多数。お菓子から海産物、加工品まで様々。稚内駅前の複合施設「キタカラ」の1階にあるのでアクセスも便利です。

御菓子司 「小鹿」

  • 住所:稚内市中央1-3-35
  • アクセス:JR稚内駅から徒歩約10分
  • 営業時間:9:00 ~ 20:30

稚内を代表する観光銘菓や郷土銘菓の名店『小鹿』。稚内ならではのお菓子を買いたいなら、ここで間違いなし!

看板商品の「流氷まんじゅう」やその他、子どもから大人まで人気の和洋オリジナル菓子がそろっています。

orange egg(オレンジエッグ)

  • 住所:稚内市若葉台2-1-4(本店) / 稚内市中央3丁目6-1(キタカラ店)
  • アクセス:本店は稚内駅から車で15分 / キタカラ店は稚内駅前
  • 営業時間:10:00 ~ 18:00

北海道産の厳選された素材を使用したスイーツをつくっているお店「オレンジエッグ」。

おいしいだけでなく、パッケージもオシャレで可愛いので、ギフトなどにもピッタリ!商品の中ではカップスイーツが大人気です。

うろこ市

  • 住所:稚内市中央5-6-8
  • アクセス:JR稚内駅から徒歩約10分 副港通り沿い
  • 営業時間:9:00 ~ 18:00

地元の新鮮な魚介類を販売する直売所。ここに来れば、カニ・鮭・イクラ・ウニ・ホタテ・タコ・イカなどなど、何でも見つかります。

食事処があったり、工場見学が無料でできたりと観光地としてもおすすめですよ。

りしり富士や

  • 住所:稚内市港1丁目6-28
  • アクセス:稚内副港市場内(JR稚内駅から徒歩約10分)
  • 営業時間:9:30 ~ 17:30

稚内の豊かな自然の中で生まれた農畜産物や水産物、これらの資源を活かして生産された「稚内ブランド」

『りしり富士や』は、そんな「稚内ブランド」に認定された商品が買えるお店として店舗登録されています。

お土産・温泉・お食事などが入った日本最北端の複合施設「稚内副港市場」内にあるので、アクセスも便利。観光ついでにお土産が買えちゃいます。
 

スポンサードリンク

2.稚内で買いたいおすすめのお土産8選【お菓子・海産物など】

それでは早速、稚内ならではのお土産におすすめ!人気のお菓子や海産物のお土産を8つご紹介したいと思います。

御菓子司 小鹿 「流氷まんじゅう」


[出典:http://wakkanai.tv/shop/koshika/120/index.html]

  • 価格   :¥756 ~ ¥1,512
  • 買える場所:小鹿本店(稚内市中央1-3-35)・稚内空港など

稚内を代表する観光銘菓や郷土銘菓の名店『小鹿』の看板商品「流氷まんじゅう」。

ふわふわ、しっとりスポンジケーキにホワイトチョコレートでまるまるコーティングした「流氷まんじゅう」は、日本最北端の宗谷岬に流れ入る流氷をイメージしています。

名前は「まんじゅう」なのに、あんこは入っていない、という斬新なスタイル。『小鹿』の商品の中でも、老若男女に好かれる人気No.1のお菓子です。

御菓子司 小鹿 「モカ小福」


[出典:http://wakkanai.tv/shop/koshika/119/index.html]

  • 価格   :¥486 ~ ¥1,620
  • 買える場所:小鹿本店(稚内市中央1-3-35)・稚内空港など

同じく『御菓子司 小鹿』より、北海道産の真っ白いお餅で特製コーヒー餡を包み、中には北海道十勝産の生クリームが入った大福です。

北海道産素材を70%以上使用した、老若男女を問わず人気のスイーツ。

餅粉には硬化しにくい性質がある北海道産の”はくちょう米”という米を使用しているので、もちもちの食感を楽しむことができますよ。

てっぺん 「ワッカナイ ポテマルコ」


[出典:http://wakkanai-brand.jp/kakouhin/12_potemaruko.html]

  • 価格   :¥680 ~ ¥1,120
  • 買える場所:オレンジエッグ本店・オレンジエッグ キタカラ店・ワッカナイセレクトなど

稚内ご当地スイーツ「ポテマルコ」!稚内の勇知エリアで栽培されている高級ブランドのいも“勇知いも”を皮ごと使ったじゃがいものクッキーです。

「インカのめざめ」と呼ばれる勇知いもとチョコレートを合わせた”黒”ポテマルコ、「農林一号」と呼ばれる勇知いもとホワイトチョコを合わせた”白”ポテマルコの2種類のクッキーが入っています。

日本の最北端の厳しい環境で育った”勇知いも”の美味しさと、しっとり・ほろほろな食感がたまらない、幅広い世代から人気のお菓子ですよ。

てっぺん 「ポテラーナ ワッカナイ」


[出典:http://wakkanai-brand.jp/kakouhin/13_poterana.html]

  • 価格   :¥692 ~ ¥1,500
  • 買える場所:オレンジエッグ本店・オレンジエッグ キタカラ店・ワッカナイセレクトなど

「ポテマルコ」に引き続き、稚内ブランドに認定されている”勇知いも”を皮ごと使ったカタラーナ風焼きプリン。

パリパリのカラメルの下に、“勇知いも”の旨み・甘みが詰まった焼きプリンがたっぷり。半解凍でアイスケーキのような感覚で食べても美味しいです。

北海道産の赤玉卵、豊富産生クリームを合わせ、原材料にもこだわっていますよ。

orange egg 「カップスイーツ」


[出典:http://item.rakuten.co.jp/tppn/egg-c04s/]

  • 価格   :¥230 ~
  • 買える場所:オレンジエッグ本店・オレンジエッグ キタカラ店

北海道産の厳選された素材を使ったスイーツを販売しているお店「オレンジエッグ」。

そんな「オレンジエッグ」の人気No.1、代表スイーツとも言われているのがカップスイーツです。

北海道産の絞りたて牛乳と、同じく北海道産の赤玉卵を使ってできあがったカップスイーツ。カップチーノ・モンブラン・ティラミス・キャラメル・レアチーズ・ガトーショコラ・ムースショコラなど選択肢もたくさんあって嬉しいですね。

たこしゃぶ


[※写真はイメージです。]

  • 価格   :¥1,500~
  • 買える場所:ワッカナイセレクト・りしり富士やなど

北の海、稚内の宗谷はタコの水揚げ量が日本一!稚内に来たなら、大きくて新鮮なタコをお土産に持って帰りましょう。

たこしゃぶは、名前の通り、しゃぶしゃぶ用に薄く繊維にそってスライスされたタコ。稚内名物となっています。薄いスライスだけど、噛み応え・食べ応えはバツグン。タコの旨みを存分に味わえるでしょう。

冷凍加工品として市場や空港で購入、保冷剤を入れて持ち帰りが可能です。稚内ならではのお土産になること間違いナシですよ。

ほっけ / 一夜干し姫ほっけ(加工品)


[出典:http://item.rakuten.co.jp/kassai/hokke03/]

  • 価格   :¥650 ~
  • 買える場所:うろこ市・稚内丸善 マリンギフト港店・ワッカナイセレクトなど

漁獲量日本一を誇る稚内のほっけ。鮮度・脂乗り共に抜群のほっけは、特に夏場がおすすめ。

船内ですぐに箱詰めして氷をかけて保冷しているので、新鮮な状態のままお土産にどうぞ!

また、加工品としては「一夜干し姫ほっけ」がおすすめ。稚内近海で獲れた脂のりの良い真ほっけのみを使用。食べやすくておかずやおつまみにピッタリです。

毛ガニ


[出典:http://www.kassai-hokkaido.com/shopdetail/029000000006/brandname/]

  • 価格   :¥3,500 ~
  • 買える場所:うろこ市

毛ガニの聖地「北オホーツク」で獲れた高品質の毛ガニは稚内の海産物のお土産にピッタリ!

上品な甘みが特徴の瑞々しい蟹身、そして毛ガニといえばなんといっても蟹味噌ですね。蟹身と蟹味噌を絡めて食べれば絶品です。

新鮮な毛ガニを、実際に目で見て選んで、お土産にお家に郵送しましょう。

3.お土産屋からの郵送 & 通販サイトを活用しよう

最後に、稚内の新鮮な海産物をお土産に持って帰りたい場合は、荷物にならずに鮮度も保てる「郵送」や「通販」がおすすめです。

特に、海産物の場合は鮮度が命。ご自宅で新鮮な状態で食べるためには、やっぱりプロの梱包で送ってもらうのが安心でしょう。

稚内の市場やお土産屋では、海産物やお土産の全国発送を取り扱っています。自分の目で見て選んだものを、新鮮な状態のまま自宅に送りましょう。

稚内のお土産が買える通販サイト

また、今回紹介した稚内ならではのお土産が買える通販サイトも上手く活用しましょう。

特に魚介類に関しては、季節によって旬があるので、時期を逃さないことが非常に大切。さすがに時期毎に稚内まで直接買いにいくことは難しいので、そういうときこそ通販サイトを利用しましょう。

稚内の魚介類の旬はいつ?

稚内で獲れる人気の魚介類の旬の時期を覚えておきましょう。

  • 毛ガニ:3月半ば~5月末
  • 鮭・イクラ:9~11月半ば
  • ウニ:5~6月
  • ホッカイシマエビ:7月半ば~8月
  • ミズタコ:4~5月 / 10~11月
  • ほっけ:4~6月 / 9月半ば~12月半ば

まとめ

以上、自然豊か&新鮮な素材も豊富な稚内で買いたいおすすめのお土産を8つご紹介しました。

「稚内ブランド」に認定された、厳選素材のお菓子や、最北端の稚内ならではの新鮮な海産物・魚介類。どれもとっても魅力的ですよね。

最北端の港でおいしいものをたっぷり食べて、お土産と思い出を持って帰りましょう。

是非、お土産選びの参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク