群馬のお土産として人気のぐんまちゃん ! おすすめのお土産9選

群馬

群馬県には、「ぐんまちゃん」というマスコットキャラクターがいます。マスコットキャラクターとしての認知度は非常に高く、子供からお年寄りまで幅広い世代に人気があります。

群馬県では、ぐんまちゃんの形をしたスイーツやグッズがたくさん販売されています。

今回は、ゆるキャラ好きの人やお子様へのお土産にぴったりの、「ぐんまちゃん」のお土産をご紹介します。

ぐんまちゃんの紹介

[出典:ぐんまちゃんナビ]

「ぐんまちゃん」は、群馬県のマスコットキャラクターです。2014年『ゆるきゃらグランプリ』で第一位を獲得しました。

「ぐんまちゃん」は、1994年に群馬県で開催された第3回『全国知的障害者スポーツ大会』のマスコットキャラクターとして誕生しました。その後、2012年12月に群馬県宣伝部長に就任しました。

プロフィール
  • 誕生日:2月22日(うお座)
  • 年齢:7才
  • モチーフ:ポニー

【1】ぐんまちゃん生ロールケーキ(福嶋屋)

[出典:福嶋屋]

「ぐんまちゃん生ロールケーキ」は、老舗の和菓子店『福嶋屋』と群馬県のゆるキャラ「ぐんまちゃん」がコラボしたロールケーキです。

インスタ映えするキュートな見た目です。

生ロールケーキの製造元である福嶋屋は、創業100年の歴史を持つ老舗和菓子屋です。「生ロールケーキといえば福嶋屋」というほど有名なお店です。

 

生ロールケーキの粉は、粒子が細かく栄養価の高い粉のみを使用しています。

たまご風味のスポンジでオリジナルにブレンドした生クリームを優しく包んでいます。上品ですっきりした甘さが特徴的です

 

賞味期限は、製造から3日と短いので、早めに食べきるようにしましょう。

この「ぐんまちゃん生ロールケーキ」ですが、賞を取っています。2013年日本経済新聞全国版「ゆるきゃらスイーツランキング」で全国4位を獲得をしました。

内容量1個
販売価格864円(税込)
法人名株式会社福嶋屋
ホームページhttp://e-fukushimaya.com/
住所〒370-1133 群馬県佐波郡玉村町上新田1637
電話番号0270-65-3765

【2】ぐんまちゃんケーキ(くわの実)


「ぐんまちゃんケーキ」は、群馬県の洋菓子店「くわの実」が製造しているキャラクターケーキです。

「くわの実」は、1987年に群馬県前橋市で創業しました。その後、1992年には南店をオープンし、2005年には新店舗が完成しました。現在「くわの実」は、前橋市に3店舗展開しています。厳選した材料から作られる洋菓子は、地元でも評判です。

ぐんまちゃんが見事に細部まで再現されていて、食べてしまうのがもったいないほどのクオリティーです。

 

ケーキは、外にふわふわのバニラムース、中は酸味の効いたイチゴムース、たてがみは濃厚なチョコレートムースになっています。ケーキは、チョコレートクランチとチョコレートスポンジが土台となっています。

そして、ぐんまちゃんの帽子には、抹茶のマカロンが使用されています。

この「ぐんまちゃんケーキ」ですが、夕方近くになると売り切れてしまうこともあります。数量限定の人気商品なので、必ず手に入れたい場合は、予約することをお勧めします。

内容量1個
販売価格362円(税込)
法人名有限会社くわの実
ホームページhttp://www.kuwano-mi.com/
住所群馬県前橋市大友町3-14-14
電話番号(大友店)0120-536-314
(南店)0120-245-518

【3】プレミアムぐんまちゃん饅頭(福嶋屋)

[出典:福嶋屋オンラインショップ]

次にご紹介するのは、ぐんまちゃんが饅頭になった「プレミアムぐんまちゃん饅頭」です。製造元は、ぐんまちゃん生ロールケーキと同じ「福嶋屋」です。

精巧に作られており、360度どこから見ても「ぐんまちゃん」そっくりです。たてがみまで忠実に再現されています。すべて、手作りのため微妙に表情が異なります。好みの顔の子を選ぶのも面白いかもしれません。

 

饅頭の中には、甘さ控えめな粒あんがぎっしりと詰まっています。上品な甘さの粒あんは、最後まで飽きることなく美味しく味わうことが出来ます。また、弾力のある生地も特徴です。

最新の機械に頼るのではなく、昔ながらの製法で作られています。先代から続くあんこ釜で、じっくりと豆を煮ます。そうすることで、あんこ本来の甘みを引き出しています。

子どもがいるご家庭へのお土産として持っていけば、盛り上がること間違いなしです。

内容量1個
販売価格432円(税込)
法人名株式会社 福嶋屋
ホームページhttp://e-fukushimaya.com/
住所〒370-1133 群馬県佐波郡玉村町上新田1637
電話番号0270-65-3765

【4】ぐんまちゃんの水ようかん最中(六郎)

次にご紹介するのは、群馬県高崎市の老舗和菓子店「六郎」が手掛ける「ぐんまちゃんの水ようかん最中」です。

ぐんまちゃんの形をした最中の皮が、非常にキュートな一品です。

 

箱を開けると、みずようかんと、ぐんまちゃんの形をした最中皮が別々に入っています。自分で水ようかんを好みの大きさに切り、最中の皮に挟んで食べるスタイルです

北海道産小豆を使用したみずみずしい水ようかんと、お米の香ばしい風味が感じられるサクサクの皮は、相性抜群です。

 

この水ようかんは甘すぎず、素材本来の甘さを感じることができます。舌触りも滑らかです。

「ぐんまちゃんの水ようかん最中」は、冷蔵庫でひんやり冷やして食べる商品です。夏にぴったりの涼し気なお土産です。

内容量6個入り
販売価格842円(税込)
法人名株式会社六郎
ホームページhttp://rokurou.jp/
住所〒370-0042 群馬県高崎市貝沢町465
電話番号027-363-1480

【5】ぐんまちゃんヌードルしょうゆ味(大黒食品)

[出典:大黒食品工業]

パッケージがぐんまちゃんのご当地カップ麺です。

スープはあっさりとした醤油味です。ふわふわのかきたま、きゃべつ、ねぎ、かにかまが入っており、具だくさんなのが魅力です。麺は、香ばしさのある滑らかな味付け麺です。

ボリュームは少なめですが、小腹が空いた時にはちょうどよい量になっています。

 

また、ヌードルしょうゆ味だけでなく、「ぐんまちゃんうどん」もあります。こちらは、ふわふわのかきたまが入った昆布だしのうどんです。

麺は、食べやすい平打ちうどんです。具材は、かきたま・わかめ・ねぎです。

 

「ぐんまちゃんヌードル」「ぐんまちゃんうどん」ともに、税込み172円です。

群馬県高崎駅に併設する『イーサイト高崎』の「群馬いろは」もしくは「ぐんまちゃんSHOP」で買うことができます。

内容量1個(63g)
販売価格172円(税込)
法人名大黒食品工業株式会社
ホームページhttp://www.daikokufoods.com/index.html
住所〒370-1101 群馬県佐波郡玉村町藤川128
電話番号0270-65-2311

【6】ぐんまちゃんおきりこみ(新田乃庄)

群馬県の郷土料理である「おきりこみ」に「ぐんまちゃん」を描いた商品です。

おきりこみとは、幅広の生麺を野菜やきのこと一緒に煮込んだ料理です。うどんを薄く伸ばしたような平たい麺が特徴です。

 

この商品には、「ぐんまちゃん」を描いた麺としょうゆ味の出汁がセットで入っています。出汁のしょうゆ味は、薄味ながらも甘みのある深い味わいです。

野菜やキノコなどの具材を入れて煮込むだけで、おきりこみを簡単に作ることができます。

 

群馬県産の小麦粉を使用しています。

この「ぐんまちゃんおきりこみ」は、煮込んでも「ぐんまちゃん」のイラストが消えません

高崎駅構内のイーサイト高崎にある「群馬いろは」で購入できます。

販売価格810円(税込)
法人名株式会社新田乃庄
ホームページhttps://nittanosho.net/
住所〒373-0052 群馬県太田市寺井町896-1
電話番号0279-37-4711

【7】ぐんまちゃんねりきり(舟定)

[出典:舟定]

次にご紹介するのは、創業90年の群馬県の和菓子店「舟定」が製造している「ぐんまちゃんねりきり」です。

ねりきりとは、ねりきりあんを主原料とする生菓子のことです。ねりきりあんは、白あんに砂糖・山の芋などのつなぎの食材を加え、練ったものです。

 

キャベツの中からぐんまちゃんが顔を出している姿が可愛い商品です。

1つ1つ職人の手で作られており、繊細な細工が施されている「ぐんまちゃんのねりきり」は、まさに芸術です。

あんこは、こしあんを使用しています。舌にしっとりとなじむ一方で、甘さにキレがあり、後に残りません。

内容量1個
販売価格420円(税込)
法人名有限会社舟定
ホームページhttp://www.funasada.net/
住所〒376-0031 群馬県桐生市本町6-398
電話番号0277-44-5475

【8】ぐんまちゃんの‘ウマ’すぎるモンブラン(太田マロニエ)

[出典:太田マロニエ]

創業以来作り続けている「太田マロニエ」の人気商品・モンブランを、ぐんまちゃんの形にした商品です。

「太田マロニエ」は、群馬県太田市にある焼き菓子とケーキのお店です。創業から40年間、地元の人はもちろん、群馬県内や遠方からのお客さんも多いです。

「ぐんまちゃんのウマすぎるモンブラン」は、赤いリボンが非常に愛らしく仕上がっています。

 

黄色い顔は、風味豊かなマロンクリームを使用しています。中には甘さ控えめな生クリームと大きな栗が、1つ入っています

チョコレートのたてがみはトロトロのクリームで、よいアクセントになっています。

 

パティシエが、丁寧に顔を再現した立体ケーキです。

1つ1つ手作りのため、数に限りがあります。売り切れる場合もあるので、確実に手に入れたい方は事前に電話で予約をすることをお勧めします。

内容量1個
販売価格972円(税込)
法人名有限会社太田マロニエ
ホームページhttps://ota-marronier.com/
住所〒373-0851 群馬県太田市飯田町771
電話番号0276-30-3525

【9】ぐんまちゃんラスク(シャトア)

[出典:パン工房SYATOA]

「ぐんまちゃんラスク」は、2013年度のグッドデザインぐんまに選定されています。

グッドデザインぐんまとは、県内の商品の中でデザイン性に優れたものに贈られる賞です。信頼性の高い群馬県の表彰制度として、平成5年から現在まで続いています。

 

群馬県産の小麦で作ったパンに四ツ葉バターを塗り、ココナッツ入りのグラニュー糖をまぶし、サクサクラスクに焼き上げた商品です。

やや厚めな生地でボリューム感もあります。

着色料も保存料も一切使わないため、小さなお子様でも安心して食べることができます

 

ぐんまちゃんの帽子や髪の毛、目、鼻の部分は、全てアイシングを使った手書きです。アイシングとは、粉砂糖や卵白、水などで作った砂糖衣のことです。

食用色素を使って着色し、カラフルなデコレーションをすることもできます。

シャトアでは、食用色素にもこだわっています。緑色は抹茶、茶色はココアパウダー、ピンク色は群馬県産の苺を使用しています。賞味期限は90日ほどです。

内容量1個
販売価格140円(税込)
ホームページhttp://syatoa.com/
住所〒371-0022 群馬県前橋市千代田町2-7-14
電話番号027-257-0014

都内にある、ぐんまちゃんのアンテナショップ「ぐんまちゃん家」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuusuke Wadaさん(@yeyshonan)がシェアした投稿

東京・銀座にある群馬県のアンテナショップ「ぐんまちゃん家」では、多くのぐんまちゃんグッズを購入することができます。

また、ぐんまちゃんグッズ以外にも、群馬県内のお菓子や加工品、伝統工芸品などが豊富に取り揃えられています。

工場見学の情報
  • アクセス:地下鉄 日比谷線、丸ノ内線、銀座線「銀座駅」より徒歩4分。日比谷線、都営浅草線「東銀座駅」より徒歩5分。
  • 開館日:年中無休
  • 営業時間:11:00~20:00
  • 電話番号:03-3571-7761
  • ホームページ:http://kikaku.pref.gunma.jp/g-info/index.php

まとめ

以上、群馬のアイドルである「ぐんまちゃん」のお土産をご紹介しました。

「群馬まで行く時間はないけど、ぐんまちゃんグッズは欲しい」という人は、都内にある「ぐんまちゃん家」で購入するのもおすすめです。