織物の街・桐生!地元からも愛されるおすすめのお土産9選

群馬

群馬県桐生市は、絹織物の産地として有名であることを知っていますか?その歴史は、奈良時代までさかのぼるとも言われています。

また、桐生市内には、歴史を感じるノコギリ屋根工場が多数残っており、店舗としても利用されています。

桐生には、絹織物の街ならではの特産品や美味しいお土産などが数多くあります。今回は、桐生に行ったらぜひ買いたい、おすすめのお土産を一挙に紹介します。

【1】小松屋の『花パン』

[出典:小松屋]

パンという名前ですが、ビスケットや乾パンのようなお菓子です。卵と小麦粉を練ってから焼き、砂糖や蜜がかけられて完成します。

「桐生天満宮」の梅紋の形をしているため、「花パン」という名前が付けられたと言われています。

素朴な味わいです。コーヒーやお茶のお供についつい手が伸びてしまうような、お菓子です。

内容量12個
販売価格700円
店名小松屋
ホームページhttps://hanapan.jp/
通販サイト小松屋

【2】青柳の『からっ風カリン』

[出典:青柳]

外はサクッ、中はしっとりしているのが特徴のかりんとう饅頭です。

こだわりの北海道産小豆と沖縄産黒糖を使用しています。米油で揚げているため、胃がもたれないのも人気のポイントです。

群馬県内でも複数店舗展開している青柳の人気商品です。地元の人からも、贈り物やお返しの品として重宝されています。

内容量10本、12本、15本、20本
販売価格1296円、1534円、1976円、2538円(税込)
賞味期限7日間
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存
店名青柳
ホームページhttp://aoyagi.gunma.jp/index.html
通販サイト楽天

【3】船定の『帯羊羹』

老舗の和菓子屋さんが作る「帯羊羹」は、なんといっても美しいパッケージが特徴的です。羊羹のパッケージに使われているのは、金襴(きんらん)という錦の一種です。

織物の街らしい商品です。お土産に加え、お歳暮やお礼としても喜ばれること間違いなしです。

羊羹は小倉、栗、抹茶の3種類の味が用意されています。

内容量3本
販売価格5500円 (税込)
賞味期限2ヶ月
保存方法常温保存
店名船定
ホームページhttp://www.funasada.net/
通販サイト楽天

【4】船定の『ねりきりぐんまちゃん』

[出典:船定]

船定のもう一つの名物が、群馬のご当地キャラクターを起用した「ねりきりぐんまちゃん」です。ねりきりとは、白あんに砂糖や山芋などを加えて練って作られる生菓子の一つです。茶道のお菓子としてもよく使用されています。

船定の「ねりきりぐんまちゃん」は季節に合わせて、さまざまな種類が用意されています。その時期に合わせたものを買うのもいいですね。

内容量3本
販売価格5500円 (税込)
賞味期限冷凍保存で10日、解凍日より冷蔵2日
保存方法冷凍保存、解凍後は冷蔵
店名船定
ホームページhttp://www.funasada.net/
通販サイト船定

【5】PRIRETの『山ストール』

[出典:PRIRET]

いつでも使用できる、アウトドア向けのストールです。ストールとは言っても、タオルのように使用することもできます。

天然素材を使用し、桐生の伝統織である「風通織(ふうつうおり)」で織られているのが特徴です。

乾きやすい上に保温効果やUVカット、消臭効果もあり、夏でも冬でも使用することができます。キャンプやハイキングなどには特に最適な商品です。

アウトドア雑誌などでも取り上げられている、知る人ぞ知る一品です。

サイズ約120cm×33cm
販売価格11000円(税込)
店名PRIRET
ホームページhttp://priret.com/
通販サイトPRIRET

【6】藤屋本店の『ひもかわうどん』

桐生で有名な、幅の広いうどんです。山梨名物のほうとう・きしめんの幅の広さも有名ですが、ひもかわうどんも負けていません。中には10cm以上の幅があるものまであります。

「ひもかわうどん」は、薄い麺でモチモチした食感を楽しむことができます。

富士屋本店の店舗で食べられます。また、店舗等ではお土産用のセットも販売しているので、家族へのお土産に買うのもよいでしょう。

内容量2人前
販売価格600円 (税込)
店名藤屋本店
ホームページhttps://fujiya-honten.net/index.html
通販サイト藤屋本店

【7】朝倉染布『ながれ』

[出典:朝倉染布]

水を汲めるほど、撥水(はっすい)性に優れている風呂敷です。すでにメディアでも多く取り上げられており、グッドデザイン賞も受賞しています。

水は汲めるはずなのに、生地自体には通気性があるのも特徴です。

風呂敷だからこそ、エコバッグやテーブルクロスなどさまざまな用途で使えます。デザインも豊富です。

サイズ96cm×96cm、70cm×70cm
販売価格4290円、3080円(税込)
店名朝倉染布
ホームページhttp://www.nagare-furoshiki.com/ja/concept.html
通販サイト朝倉染布

【8】アトリエの『げんこつドーナツ』

 

この投稿をInstagramで見る

 

たまに寄ります。 珠子です。 熟年マダム達が揚げてくれまふ。 ゲンコツ様な大きいドーナツ🍩 珠子は大きいのがお好き❤️ マダム達もさぞかし大きいのがお好きなよう。 揚げたてなんて最高でふよ(  ̄▽ ̄) 表面サックリ&ガリッとしちゃって中はパサリが味の秘訣。 素朴な味わいが癖になりまふね。 急いで食べると口内の唾液もってがれて飲み込めません(((*≧艸≦)ププッ 喉詰まるのも醍醐味Σd(゚д゚*) 牛乳🐮なんかあれば尚更、最高😃⤴️⤴️ あんな熟年マダムになりたいなぁ。 桐生市 アトリエ・ドーナツ ドーナツ(5個) #ドーナツ #デザート#dessert #アトリエドーナツ #テイクアウト#takeout #洋菓子 #女子力#女子力アップ #女子力アップしそう #群馬#桐生 #珠子の番外編

味付け珠子さん(@tamako.ajitsuke)がシェアした投稿 –


真ん中に穴が開いていない、素朴な手作りドーナツです。まわりには、砂糖がたっぷりかかっています。

外はサクサク、中はしっとりしていて、揚げたてはもちろん、冷めても美味しいと地元の人々から愛されています。油で揚げているのにもかかわらず、油っこくありません。ドーナツ好きの人であれば、2、3個一度に食べられてしまいます。

オンライン通販などは行っておらず、店舗でのみ購入することができます。

内容量1個、12個
販売価格100円、1300円(税込)
店名アトリエ
住所〒376-0013 群馬県桐生市広沢町3-3820

【9】藤屋の『みそぱん』

群馬県には、コッペパンに甘辛い味噌を塗った「みそぱん」がお土産として有名です。しかし、桐生にある「藤屋」のみそぱんは、それとは全く異なります。

藤屋のみそぱんは、クッキーやビスケットのようなお菓子です。味噌の味は、ほのかに感じる程度です。

直売所やネット通販はなく、地元のスーパーや桐生地域地場産業振興センター内の販売コーナー、桐生競艇場などに置かれています。

内容量10個
販売価格200円
賞味期限冷凍保存で10日、解凍日より冷蔵2日
買える場所桐生地域地場産業振興センター内の販売コーナー、スーパー、桐生競艇場など
店名藤屋

まとめ

以上、群馬県・桐生でおすすめのお土産をご紹介しました。

織物の街ならではのお土産から、素朴なお菓子までさまざまな商品が販売されています。渡す相手や状況に合わせて、自分好みでお土産選びをしてみてください。