福島駅周辺でお土産を買うなら?お土産屋・お土産売り場まとめ

東北

福島駅周辺は、お土産を買える場所が充実しています。JR福島駅構内にある「NewDays」、駅直結の「エスパル福島」、コラッセ福島1Fにある「福島県観光物産館」などです。

福島県の定番・人気商品は豊富に取り揃えられているので、「どこでお土産を買えばいいかわからない」という人は、とりあえず福島駅に足を運んでみるとよいでしょう。

今回は、福島駅周辺のお土産屋・お土産店・お土産売り場をご紹介します。

スポンサードリンク

【1】福島県観光物産館

 

この投稿をInstagramで見る

 

#福島市 #福島県観光物産館 #日本酒 #国権

papasanさん(@gurdy1962)がシェアした投稿 –

福島駅西口を右手に歩いた先にある複合施設「コラッセふくしま」の1階にあります。2017年12月16日にリニューアルオープンし、売り場面積が広がりました。福島県のお土産が幅広く取り揃えられています。

お菓子は、定番の「柏屋薄皮饅頭」「ままどおる」はもちろんのこと、あまり知られていない隠れた名産品まで買うことができます。

 

地酒は、50を超える蔵元から約500種類の日本酒・リキュールが展示・販売しています。おつまみやワインも充実しています。

工芸品としては、赤べこの置物や赤べこストラップ、「大堀相馬焼(おおぼりそうまやき)」を買うことができます。大堀相馬焼とは、福島県浪江町大堀地区の伝統工芸品です。300年以上の歴史があります。

伝統工芸品の展示、実演販売などのイベントが開かれることもあります。また、観光関連のパンフレットも手に入ります。

営業時間 9:30~19:00
住所
〒960-8053 福島県福島市三河南町1番20号コラッセふくしま1階
アクセスJR福島駅西口から徒歩3分
電話番号024-525-4031
ホームページhttps://www.tif.ne.jp/bussan/bussankan/

【2】S-PAL 福島

福島駅東口直結、5階建ての商業施設です。お土産だけでなく、洋服や生活雑貨も買うことができます。また、レストランやサロンもあります。

1階にある「福島みやげ館」には、以下のような有名店が出店しています。福島のお土産に大人気の商品が販売されています。

また、東北地方のお土産も買うことができます。1階にある阿部蒲鉾店は、仙台の笹かまぼこの老舗で、「笹かまぼこの名付け親」として有名です。

営業時間10:00~20:00
住所
〒960-8031 福島県福島市栄町1−1
アクセス福島駅東口直結
電話番号024-524-2711
ホームページhttps://www.s-pal.jp/fukushima/
スポンサードリンク

【3】福島駅西口パワーシティpivot

[出典:JR東日本東北総合サービス株式会社]

福島県西口直結の商業施設です。1階には、以下のようなお店があります。

  • おみやげ処ふくしま:いもくり佐太郎、クリームチーズのみそ漬、甘さ控えめお野菜ジャム
  • おんせん卵の森山:おんせんたまご ガンバ卵ショ!、いかにんじん
  • かまぼこの鐘崎:大漁旗、伊達揚げ
  • 松月堂 おみやげ処:黒松月、こもちゃん
  • ニューキムラヤ:うつくしまゼリー、栗ようかん、きんつば、栗まんじゅう

駅直結である点はエスパル福島と同じですが、販売されている商品が異なります。「おんせん卵の森山」「松月堂」「ニューキタムラヤ」の店舗はこちらにしかありません。

おみやげ処ふくしまには、薄皮饅頭、家伝ゆべし、酪農カフェオレクランチなど、定番のお土産も販売されています。

営業時間9:00~20:00
住所
〒960-8031 福島市栄町1-1
アクセス福島駅西口直結
電話番号024-531-6593
ホームページhttps://www.livit.jregroup.ne.jp/pivot/fukushima

【4】New Days 福島西口

福島駅西口を出てすぐのところにある店舗です。「福島白桃ワッフルクッキー」「福島白桃ゴーフレット」のような、幅広い年代に渡せる使い勝手のよいお土産を購入できます。

また、薄皮饅頭や酪農カフェオレクランチといった定番商品も取り揃えてあります。

営業時間6:45~21:20
住所
〒960-8031 福島駅西口2F西口ラッチ外
アクセス福島駅西口
電話番号024-526-2162
スポンサードリンク

まとめ

以上、福島駅周辺のお土産屋・お土産店・お土産売り場をご紹介しました。

駅周辺のお店を巡るだけで、かなり多くの商品を見ることができます。ぜひ気になったお店で、よいお土産を探してみてください。

 

スポンサードリンク