福島ではこれを買えば安心!お土産で喜ばれる漬物ランキングTOP5

福島

漬物は、日本各地で作られます。しかし、漬物は、元々寒さの厳しい冬場の保存食であったため、寒い地域でこそ親しまれるという側面があります。

北海道の「松前漬け」や岩手県の「金婚漬け」、秋田県の「いぶりがっこ」などは有名です。しかし、福島県にも、美味しい漬物がたくさんあります。

特に両親や祖父母にお土産を買う時には、甘いお菓子よりも、漬物の方が喜ばれるかもしれません。そのような方は、ぜひ本サイトでめぼしいお土産を探してみてください。

今回は、福島県に行ったら買っておきたい、名物の漬物5つをランキング形式でご紹介します。

【第5位】長久保のしそ巻

[出典:ギフトランド]

「長久保のしそ巻」は、福島県いわき市の名物です。昭和9年からつくられており、福島県民に長年愛されてきました。

完成までに、非常に手間をかけた漬物です。まず、大根を1年間塩漬けします。その後、半年~1年間塩漬けしたシソの葉で、大根を巻きます。最後に、醤油にしっかり漬けて完成です。

長い時間をかけて漬け込むことで、重厚感のある味わいが生まれています。

過去には、県漬物品評会県観光みやげ品コンクールで受賞しています。テレビ番組「秘密のケンミンshow」でも取り上げられました。自信を持ってお土産におすすめできる一品です。

内容量60本入り(30本×2袋)
販売価格1188円(税込)
法人名有限会社長久保食品
ホームページhttps://www.nagakubo.net/index.htm
住所〒970-1152 福島県いわき市好間町中好間鍛冶内28−2
電話番号0120-232-423

【第4位】お新香 三五八(さごはち)

[出典:YAHOOショッピング]

自分で漬物を作りたい人には、これがおすすめです。「お新香 三五八」は、三五八漬けを自宅で作ることができる、漬物の元です。

三五八漬けとは、東北地方で昔から親しまれている漬物のことです。塩3、こうじ5、むし米8の割合で混ぜて作ることから、このような名前がつきました。こうじの自然な甘さが特徴です。

きゅうり、ナス、大根など定番の野菜の他、肉や魚も漬け込むことができます。素材の甘みと旨味を最大限引き出してくれます。

「ぬか漬け」とは違い、ぬかを使用していないため、手間がそれほどかからないのも魅力です。毎日かき混ぜる必要はないため、気軽にはじめることができます。

内容量500g
販売価格324円(税込)
法人名株式会社 宝来屋本店
ホームページhttps://www.e-horaiya.com/index.html
住所
〒963−0725 福島県郡山市田村町金屋字川久保54−2
電話番号024-943-2380

【第3位】福島県産エゴマ入り とうちゃん漬

[出典:福島りょうぜん漬]

「福島県産エゴマ入り とうちゃん漬」は、福島県産のきゅうりをじっくりと熟成発酵させた漬物です。にんにく醤油で漬けられているため、パンチの効いた味に仕上がっています。

小さく切られた大根が、よい食感のアクセントになります。発売から50年がたっても、多くの人に愛されています。

製造元の「森藤食品工業」は、福島県にある漬物専門のメーカーです。「きゅうりのとうちゃん漬け」の他にも、様々な漬物を製造しています。

公式ホームページでは「とうちゃん漬のペペロンチーノ風」のレシピが紹介されています。お酒のお供やご飯のおかずは定番ですが、工夫しだいで様々な料理に生かすことができます。料理が好きな人へのお土産にも、おすすめです。

内容量170g
販売価格486円(税込)
法人名森藤食品工業株式会社(製造元)
福島りょうぜん漬本舗(販売元)
ホームページhttp://www.ryozenzuke.jp/
住所〒960-0811 福島県福島市大波字星の宮32番地
電話番号024-586-1233

【第2位】よくばり漬

[出典:福島りょうぜん漬]

漬物をお土産に買う際、「どの漬物が相手の好みかわからない」「1つの漬物ばかりだと、飽きてしまいそう」など悩むことはありませんか。

そんなお悩みを解決するのが、この「よくばり漬け」です。上品な醤油風味の味わいの漬物が、7種類一度に楽しめる「よくばり」な商品です。

入っているのは、「大根・きゅうり・なす・ごぼう・にんじん・椎茸・みょうが」です。質の高い国産の野菜の旨味を、乳酸発酵を通じて最大限引き出しています。

塩分控えめな上、天然の調味料が多く使用されています。健康にも配慮されているため、年配の方へのお土産に特におすすめです。

内容量600g
販売価格1132円(税込)
法人名森藤食品工業株式会社(製造元)
福島りょうぜん漬本舗(販売元)
ホームページhttp://www.ryozenzuke.jp/
住所〒960-0811 福島県福島市大波字星の宮32番地
電話番号024-586-1233

【第1位】いかにんじん

[出典:西野屋]

「いかにんじん」は、福島の郷土料理の1つです。「福島県内のスーパーであればどこでも売っている」と言われるほど、福島県の暮らしに密着した食べ物です。

ニンジンと北海道産のスルメを、甘い醤油で味付けしてあります。それぞれの素材の旨味が存分に引き出されています。

ニンジン特有の野菜臭さも消えているため、野菜が苦手な子供でも食べられるかもしれません。

 

元々はニンジンを長期保存するための料理だったため、食べられるのは冬だけでした。しかし、現在では一年を通じて販売されています。お酒のお供にはもちろん、ご飯に混ぜて食べるのもおすすめです。

朝日新聞や、雑誌「大人の週末」等で紹介され、全国的に知られるようになりました。

内容量180g
販売価格324円(税込)
法人名西野屋食品株式会社
ホームページhttp://www.nishinoya.jp/index.html
住所
〒971-8131 福島県いわき市常磐上矢田町田端8-1
電話番号0246-28-2828

まとめ

以上、福島のお土産におすすめな漬物を5個ご紹介しました。

漬物は一見地味であるため、お土産として華がないと思う方もいるかもしれません。しかし、根強いファンは多いですし、老若男女だれもが口にする食べ物です。

また、作り方も多様で、「その土地らしさ」が如実に現れます。漬物を通じて、その土地の伝統の味を楽しむことができます。

是非、本ランキングをお土産選びの参考にしてみて下さい。