新白河駅でおすすめ&定番のお土産は?お菓子・日本酒11選

東北

新白河駅は、福島県南部にあります。東北新幹線と在来線の東北本線が乗り入れています。

白河には「白河小峰城」「南湖公園(なんここうえん)」などの観光地もあるので、観光の際に利用する方も多いでしょう。

今回は、そんな新白河駅周辺でおすすめ&定番のお土産を11個厳選してご紹介します。

【1】柏屋薄皮饅頭

[出典:柏屋]

薄い皮の中に、たっぷりあんこを入れた饅頭(まんじゅう)です。全国的にファンも多い、福島のおみやげの大定番です。日本三大まんじゅうの1つです。

あんこは、口当たりのよい「こしあん」と、粒の食感が楽しめる「つぶあん」の2種類があります。

柏屋薄皮饅頭の始まりは、1852年と言われています。当時、「柏屋」の創業者・善兵衛が薄い皮で饅頭を作りました。

 

現在の薄皮饅頭も、100年以上受け継がれてきた技術であんこが詰められています。

また、あんこは厳選された高品質の十勝産小豆を使用しています。丁寧に炊かれたあんこは、自然で素朴な甘みが評判です。

 

熱い緑茶と一緒に食べたい、安定感のあるお菓子です。昔から変わらない味は、今も多くの人に愛されてます。

JR新白河駅2階の「おみやげ処新白河」や新白河駅改札外の NewDays で購入できます。

内容量15個入り
販売価格1987円(税込)
法人名株式会社柏屋
ホームページhttps://www.usukawa.co.jp
住所〒963-8071 福島県郡山市富久山町久保田字宮田127番地の5
電話番号024-956-5511
通販サイトAmazon楽天Yahooショッピング柏屋

【2】家伝ゆべし

[出典:かんのや]

薄く伸ばしたゆべしであんこを包み、蒸しあげた、福島の伝統銘菓の1つです。

ゆべしとは、一般的にはゆずやクルミを用いたもち菓子のことです。漢字では、柚餅子と書きます。

「家伝ゆべし」には、けしの実と醤油が混ぜ込まれています。けしの実の香ばしい香りと、醤油の豊かな風味が特徴です。

 

生地は、もちっとした食感です。噛むと、中からなめらかで上品な甘さのあんこが出てきます。醤油の香りが、あんこの甘みを引き立てます。

ヒトデのようにも見える独特の形は、鶴が翼を広げた姿を表現しています。縁起のよさという点でも、お土産におすすめです。

2個入りのパックになっているので、複数人にお土産として配ることもできます。JR新白河駅2階の「おみやげ処新白河」で購入できます。

内容量6個入り
販売価格713円(税込)
法人名株式会社かんのや
ホームページhttp://www.yubeshi.co.jp
住所〒963-0911 福島県郡山市西田町大田字宮木田3番地
電話番号0247-62-2161
通販サイトAmazon楽天Yahooショッピングふくしま逸品堂かんのや

【3】ままどおる

[出典:amazon]

バターを使った生地で、ミルク味のあんを包み込んだ焼き菓子です。「エキソンパイ」でも有名な「三万石」の代表銘菓としてお馴染みの人気商品です。

ずっと変わらないやさしい味わいがモットーの「ままどおる」は、ミルクたっぷりの優しい甘さが特徴です。

 

黄色を基調としたパッケージは可愛く、女性に喜ばれること間違いなしです。5個入り540円という手頃な値段も、魅力的です。

小分けになっているので、ひとつずつ渡すことができます。

 

定番のミルクに加えて、毎年10月~翌年の5月の期間限定で発売されている「チョコレート味」もオススメです。

チョコ風味の皮にチョコ味の白餡が入ったチョコ尽くしの「ままどおる」ですが、ポイントは胸焼けしない甘さです。

 

白餡は甘さ控えめです。和菓子らしさも備えているので、日本茶にも合うでしょう。

「三万石 新白河店」で販売されています。また、JR新白河駅2階の「おみやげ処新白河」や新白河駅改札外の NewDays で購入できます。

内容量5個入袋
販売価格540円(税込)
法人名株式会社三万石
ホームページhttp://www.sanmangoku.co.jp
住所〒963-8588 福島県郡山市富久山町福原字神子田7-5
電話番号024-956-1111
通販サイトAmazon楽天Yahooショッピング福島逸品堂三万石

【4】エキソンパイ

[出典:amazon]

サクサクとしたパイ生地で餡を包み、香ばしく焼き上げたお菓子です。餡はクルミ入りで、甘さ控えめです。発売されたのは50年以上前ですが、現在でも「ままどおる」と並ぶ、三万石の看板商品です。

洋風のパイ・和風の餡を組み合わせており、他ではなかなか味わえません。パイからほのかに香るバターの香りは、食欲をそそります。

フライパンやトースターで温めると、サクサク感が際立ち、違った食感が楽しめます。賞味期限は、製造から8日後です。

「三万石 新白河店」で購入できます。

内容量5個入
販売価格810円(税込)
法人名株式会社三万石
ホームページhttp://www.sanmangoku.co.jp
住所〒963-8588 福島県郡山市富久山町福原字神子田7-5
電話番号024-956-1111
通販サイトAmazon楽天Yahooショッピング三万石

【5】ミニだるま最中

[出典:白河菓匠大黒屋]

白河市の伝統産品「白河だるま」をかたどった、一口サイズのもなかです。もなかの表面には、だるまの顔が細かく描かれています。

パリッとしたもなかの中に、自家製の小倉餡ともちもちの求肥(ぎゅうひ)が入っています。求肥とは、もち米の粉に、砂糖や水飴を練りこんだもののことです。

12個入りには、最中と同じサイズの本物の白河だるまも入っています。

 

だるまは、縁起のよさを感じさせます。通常のばらまき用のお菓子としてはもちろんのこと、お世話になった人や親戚へのお土産としてもおすすめです。

賞味期限は、一週間程度です。

白河市内にある本店や、新白河店で購入できます。また、JR新白河駅2階の「おみやげ処新白河」で購入できます。

内容量12個入り
販売価格1188円(税込)
法人名株式会社大黒屋
ホームページhttp://www.s-daikokuya.jp/
住所
〒961-0951 福島県白河市中町44
電話番号0248-23-2098
通販サイト白河菓匠大黒屋

【6】奥州路羊羹

[出典:白河菓匠大黒屋]

ゴロゴロとした栗が入った、特製羊羹です。栗は甘く煮られています。羊羹生地の中には小豆が入っており、食感のアクセントを生み出しています。

竹の皮で包み、蒸された「蒸し羊羹」である点も特徴的です。伝統的な和菓子のよさを守りつつも、各所で個性が際立つ商品です。

賞味期限は、製造・販売から約15日後です。白河市内にある本店や、新白河店で購入できます。

内容量2本入り
販売価格2592円(税込)
法人名株式会社大黒屋
ホームページhttp://www.s-daikokuya.jp/
住所
〒961-0951 福島県白河市中町44
電話番号0248-23-2098
通販サイト白河菓匠大黒屋

【7】おきな餅

 

この投稿をInstagramで見る

 

I’m Risuta (りすた)🐾さん(@i_am_risuta)がシェアした投稿

松平家へ献上されていた、格式高いお菓子です。水あめ・砂糖・寒天・餅粉のみで作られており、素朴な味わいです。材料・製法は昔と変わりません。

適度な弾力と程よい甘さが特徴の本商品は、年配の方からの人気があります。

気温が高いと餅同士がくっついてしまうことがあるので、夏場は注意が必要です。

JR新白河駅2階の「おみやげ処新白河」、白河観光物産協会(小峰城内二の丸茶屋)、南湖公園内、ヨークベニマル白河、甲子温泉大黒屋、こころや(泉崎)などで購入できます。

内容量小袋入り
販売価格250円(税込)
法人名鈴木松月堂
ホームページhttps://www.okinamoti.com/
住所
〒961-0971 福島県白河市昭和町56
電話番号0248-23-2568

【8】千駒特別純米酒

米・米麹だけを使用し、低温長期発酵で自然な旨味を生み出したお酒です。くせがないため、多くの人が「飲みやすい」と感じるはずです。

濃厚な味わいの一方、後味はスッキリしています。洋風の料理や、油ものと一緒に楽しむのがおすすめです。

白河市内の酒店の他、JR新白河駅2階の「おみやげ処新白河」で購入できます。

内容量720ml
販売価格1274円(税込)
法人名千駒酒造株式会社
ホームページhttp://senkoma.wn.shopserve.jp/
住所
〒961-0903 福島県白河市年貢町15-1
電話番号0120-35-3057
通販サイト楽天YAHOOショッピング千駒酒蔵

【9】陣屋大吟醸

[出典:有賀醸造合資会社公式通販ショップ]

甘み・旨味のバランスがよい、おちついた香りの大吟醸です。洗米に始まる全工程を、手作業で行っています。

手間暇かけた本格的な大吟醸ですが、値段は安めです。日本酒好きの人へのお土産に、気軽に買うことができます。

有賀醸造の創業は、江戸時代末期です。数百年間続く伝統の技を、今なお引き継いでいます。

有賀酒造の店舗の他、JR新白河駅2階の「おみやげ処新白河」で購入できます。

内容量720ml
販売価格1871円(税込)
法人名有賀醸造合資会社
ホームページhttp://arinokawa.net/
住所
〒961-0303 福島県白河市東釜子字本町96
電話番号0248-34-2323
通販サイトAmazon楽天YAHOOショッピング有賀醸造合資会社オンラインショップ

【10】酪農カフェオレクランチ

[出典:楽天]

酪王カフェオレクランチは、酪王乳業の「酪王カフェオレ」とコラボしたチョコレート菓子です。酪農カフェオレのおいしさが凝縮された魅力たっぷりの商品です。

酪農乳業は、福島県郡山市に本社があります。酪王カフェオレは、福島県産の生乳にコーヒーを加えた乳飲料です。1976年の発売以来、福島県民を中心に、多くの人に親しまれています。

 

魅力の1つは、パッケージです。乳飲料「酪農カフェオレ」の牛乳パックと酷似しています。この中にクランチが入っているので、お土産としては意外性抜群です。

中身のクランチは、個包装されています。ばらまき用のお菓子としても便利です。

 

包装をあけると、チョコレートの甘い香りと、ほのかなコーヒーの香りがします。

チョコレートの甘さとコーヒーのほのかな苦さが絶妙です。ざくっとした心地よい食感も、やみつきになります。

 

同様のコラボ商品として、「酪王カフェオレドーナツ」「酪王カフェオレサブレ」「酪王カフェオレロングパイ」「酪王カフェオレキャラメル」「酪王いちごオレクランチ」なども発売されています。

約100日は日持ちするので、お土産として渡すまでに時間があいてしまっても安心です。

新白河駅改札外の NewDays で購入できます。

内容量5個
販売価格324円(税込)
法人名株式会社長登屋
ホームページhttp://www.nagatoya-gift.com
住所〒963-1309 福島県郡山市熱海町熱海6丁目58番地
電話番号024-984-3065
通販サイトAmazon楽天Yahooショッピング

【11】クリームボックスラスク

 

この投稿をInstagramで見る

 

Misaki.Hさん(@msk_pink_1903)がシェアした投稿

郡山市民が愛するご当地B級グルメ「クリームボックス」のラスクです。

通常の「クリームボックス」は、賞味期限が短く、お土産としては不便でした。しかし、本商品は製造後、約80日間日持ちします。

食感はザクザクとしており、実際の「クリームボックス」とは異なります。しかし、ミルク風味のクリームの味は、忠実に再現されています。

 

福島県内の多くのお土産屋で購入できます。観光地の他、パーキングエリア、駅、空港などで探してみてください。

12枚入りで756円と、枚数の割に値段は安いです。個別に包装されているので、ばらまき用のお土産におすすめです。新白河駅改札外の NewDays で購入できます。

内容量12枚入り
販売価格756円(税込)
法人名株式会社長登屋(郡山)
ホームページhttp://www.nagatoya-gift.com/
住所
〒963-1309 福島県郡山市熱海町熱海6丁目58
電話番号024-984-3065

まとめ

以上、新白河駅周辺でおすすめ&定番のお土産を11個厳選して紹介しました。

会津・郡山・いわきと比べると知名度が低い白河ですが、素朴で魅力的な商品がいくつもあります。ぜひ現地でもよりよい商品を探してみてください。