福島のおすすめラーメンはこれ!厳選おすすめお土産7選

福島

福島にはおいしい食べ物がたくさんあります!その中でも有名なのが、ラーメンです。

日本の三大ラーメンに数えられる喜多方ラーメン以外にも、数々の有名店が福島に軒を連ねています。

また、お土産用にも、多くの商品が販売されています。しかし、お土産用のラーメンで、どれが一番よいのかわからないという人も多いでしょう。

今回は、絶対に買いたい人気のラーメンのお土産を7つご紹介します。

スポンサードリンク

【1】代表格!喜多方ラーメンのおすすめお土産4選

そもそも、「喜多方ラーメン」ってなに?

「喜多方ラーメン」の特徴は、平たく縮れた麺と醤油スープです。

現在では、札幌・博多と並んで、日本三大ラーメンの1つに数えられます。町には約100件のラーメン店が軒を連ね、味を競っています。

 

「喜多方ラーメン」の麺は、多加水麺です。多加水麺とは、一般的な麺よりも水分を多く含む麺のことです。ツルツル・モチモチとした食感に繋がる上、麺がのびにくいというメリットがあります。

一般的に東北地方は麺の水分量が多く、関西地方は麺の水分量が少ない傾向にあります。

「喜多方ラーメン」の店の多くは、市内の製麺所から高品質な麺を取り寄せています。顕著な違いが現れるのは、スープです。

 

基本的にどのラーメン店も豚骨と煮干を使用した醤油スープですが、材料や量の微妙な違いにより、味は大きく変わります。店の個性が最も出る部分です。

ちなみに、メインの具はチャーシューです。その他、小口切にした長ネギやメンマも主流です。

➀「さくら亭」喜多方ラーメンレトロパッケージ5食

JR磐越西線「喜多方駅」近くの人気ラーメン店「さくら亭」の味が、ご家庭で楽しめます。

歯ごたえのある平打ち太ちぢれ麺は、「喜多方ラーメン」の特徴です。スープはしょうゆと味噌の2種類があるため、両方の味を楽しむことができます。

赤を基調としたレトロなパッケージは、お土産には最適です。中央には、喜多方市の観光名物「蔵馬車」が描かれています。

5食セット
値段 1080円
内容量 生麺120g×5
醤油スープ40.3g×3
味噌スープ40.6g×2

➁曽我お土産ラーメンセット


こちらも喜多方ラーメンのセットです。「さくら亭」のセットと同様に、しょうゆと味噌の2種類を楽しむことができます。

曽我製麺は、喜多方市内に100店舗以上あるラーメン店の、約半分から注文を受けている製麺店です。「オーソドックスな喜多方ラーメン」という点で、「曽我お土産ラーメンセット」は安定感抜群です。

また、お得感という点で、「さくら亭」よりも優れています。1食あたりの値段は「曽我お土産ラーメンセット」は約175円、「さくら亭」は約200円です。麺の量も「曽我お土産ラーメン」の方が10g多いです、。

4食セット 8食セット
値段 702円 1404円
内容量 生麺130g×4
醤油スープ45ml×2
味噌スープ54g×2
生麺130g×8
醤油スープ45ml×4
味噌スープ54g×4

➂河京の喜多方ラーメン

製造会社の河京は、昭和31年の創業以来、会津に根ざした商品を製造・販売しています。

麺は、2種類の小麦粉を独自の比率で配合しています。喜多方ラーメンらしさを存分に備えたモチモチ・ツルツルの麺は魅力的です。また、名水百選の1つ、「栂峰(つがみね)渓流水」を加え、熟成しています。

手間をかけている分、味は保証付きです。

3食セット 5食セット
値段 648円 1080円
内容量 生ラーメン(太麺)120g×3
醤油スープ35g×3
生ラーメン(太麺)120g×5
醤油スープ 35g×3
味噌スープ 41g×2

➃めん屋河京 赤辛味噌ラーメン

「河京の喜多方ラーメン」と同様に、河京が製造・販売するラーメンです。会津若松市にあるラーメン店「めん屋河京」の人気メニューを自宅で手軽に楽しむことができます。

辛味噌スープが平たく縮れた麺に絡み、絶品です。特に辛いものが好きな人へのお土産にはもってこいでしょう。

2食セット
値段 648円
内容量 生麺120g×2
赤辛スープ60g×2

【2】喜多方だけじゃない!喜多方以外でおすすめのラーメン3選

➀郡山ラーメン 大地の麺

福島のおすすめラーメンは、喜多方ラーメンだけではありません。「郡山ラーメン 大地の麺」は、福島県中部に位置する郡山市のラーメンです。

郡山のブランド米「あさか舞」の米粉を練り込んだ麺は、なめらかなのど越しが評判です。喜多方ラーメンよりも細めなので、細麺が好きな人には好まれるでしょう。

スープは、喜多方と同様の醤油です。

全国観光土産品連盟(社)福島県観光連盟(財)物産プラザふくしまの優秀みやげ品として推薦されています。

2食セット 4食セット
値段 463円 864円
内容量 麺120gx2
スープ:43gx2
麺120gx4
スープ:43gx4

➁元祖 会津ラーメン 牛乳屋食堂

会津は、福島県西部の中心都市です。喜多方市と会津若松市は、隣接しています。

そのため「元祖 会津ラーメン 牛乳屋食堂」も、平たく縮れた麺と醤油スープという「喜多方ラーメン」の特徴を備えています。

 

このラーメンの特徴は、伝統とこだわりです。

「牛乳屋食堂」の始まりは、昭和初期に開業した牛乳屋です。その後、鉄道開通でやってきた人々に向け、食堂が開業しました。

代々、伝統の味を守っています。昔ながらの懐かしいラーメンは、きっとお土産にも喜ばれるはずです。

 

また、本商品の麺は、お店で使用しているものと同じ「会津の贅沢生麺」です。一般的な麺よりも、非常に多くの水分を含んでいます。

出来上がった麺を手作業でもむことで、絶秒なちぢれが生まれています。

会津若松市に訪れた際には、絶対に買っておきたい商品です。

4食セット
値段 1150円
内容量 麺120g×4
スープ43g×4

➂白河ラーメンとら食堂 醤油ラーメン

 

白河市は、喜多方市と並ぶ福島県随一のラーメン激戦区です。約100店のラーメン店が立ち並びます。

そんな中、「ここに行かずして、白河ラーメンを語れない」とまで言われるのが、「とら食堂」です。「ラーメンの天才」と呼ばれた竹井寅次が始めたラーメン店で、現在でも店の前には行列が出来ます。

テレビ番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」「秘密のケンミンSHOW」にも取り上げられ、話題を呼びました。

そんな有名店「とら食堂」の味が、ご家庭で楽しめます。値段は少し高めの3食1080円。しかし、ラーメン好きの人にお土産として渡せば、絶対に喜ぶ商品です。

3食セット
値段 1080円
内容量 麺110g×3個
スープ50g×3個
スポンサードリンク

まとめ

以上、福島県でお土産におすすめのラーメン7つをご紹介しました。

ラーメン好きの友人や同僚、家族がいるのであれば、ぜひお土産として買って帰りましょう。

また、実際に現地でラーメン屋を巡り、お気に入りの一品を探してみてください。

スポンサードリンク