桃・柿・りんご!果物を贅沢に使った福島でおすすめのお土産9選

東北

みなさんは、福島県にどのようなイメージを持っていますか。

日本酒、ラーメン、ハワイアンズなど、人によって色々なイメージがあると思います。しかし、今回ご紹介するのは、フルーツ王国福島の「果物を贅沢に使ったお土産」です。

福島県は桃、ブドウ、りんご、さくらんぼなど多くの果物の産地です。特に桃は全体の約25%、全国2位の生産量を誇っています。

今回は、福島県産の果物をふんだんに使用した、贅沢なお土産をご紹介します。

➀なつはぜふるーてぃリキュール

[出典:YAHOOショッピング]

なつはぜとは、ツツジ科スノキ属の植物です。「和製ブルーベリー」とも呼ばれるなつはぜは、ブルーベリーによく似た紫色の実をつけます。独特の甘酸っぱさと渋みが特徴です。

なつはぜは栄養も豊富です。ブルーベリーと比較しても、アントシアニンやポリフェノールが多く含まれています。

主にジャムやゼリー、ソースの材料として使用されます。そのまま食べることは少ないです。

 

製造している奥の松酒造は、福島県内随一の有名酒蔵です。

奥の松酒造の日本酒「奥の松 大吟醸雫酒十八代伊兵衛」は、「平成30年東北清酒鑑評会 吟醸酒の部 優等賞」「平成30年福島県秋季鑑評会 吟醸の部 金賞」「平成30年福島県春季鑑評会 吟醸の部 金賞」など多くの賞を受賞しています。

 

本商品は、そんな奥の松酒造の純米酒に、なつはぜの果汁を加えたリキュールです。

おすすめの飲み方は、ストレートとオンザロックです。お酒好きなら誰もが喜ぶお土産でしょう。

内容量500ml
販売価格1296円(税込)
法人名奥の松酒造株式会社
アルコール度数6%
ホームページhttp://okunomatsu.co.jp/index.php
住所〒964-0866 福島県二本松市長命69番地
電話番号0243-22-2153

➁木成り完熟りんご蜜&もも蜜

[出典:菱沼農園]

製造元の「菱沼農園」は、福島のおいしい果物を全国に販売している人気の農園です。

菱沼農園でとれたりんごと桃を長時間煮込み、果汁の甘みを凝縮させたのがこの商品です。

調味料や添加物は、まったく使用されていません。素材そのものの味を100%生かした、贅沢な逸品です。

「木成り完熟りんご蜜」と「木成り完熟もも蜜」は、単品でも販売されています。本商品は、2本がセットになっています。

内容量100g×2
販売価格2808円(税込)
法人名株式会社菱沼農園
ホームページhttps://hishinumanouen.com/
住所〒960-0211 福島県福島市飯坂町湯野字窪田8
電話番号024-542-5015

➂セミドライフルーツ3個セット(もも・なし・りんご)

[出典:ふくとく]

「セミドライフルーツ」とは、「ドライフルーツ」に比べ、水分が少し残っている状態の果物のことです。果実本来の食感・風味が残っているのが特徴です。

そのまま食べてもおいしいですが、ヨーグルトに混ぜて食べるのもおすすめです。りんご・もも・なしの3種類がセットになっています。福島県の名産品の果物3種を、これ1つで楽しむことができます。

内容量80g×3
販売価格1100円(税込)
法人名JAふくしま未来
ホームページhttps://www.ja-f-mirai.or.jp/
住所〒960-0185 福島県福島市北矢野目字原田東1-1
電話番号024-554-5500

➃塩りんごクッキー

[出典:ふくとく]

一般社団法人手作りマルシェは、福島の魅力を伝えるために、イベントの企画・運営をしている団体です。

クッキーの中にはりんごジャムが入っています。材料のりんごは生産者から直接仕入れ、新鮮な状態でジャムにしています。

表面には焼き塩と砂糖がまぶされています。焼き塩が、砂糖とりんごの甘みを引き立たせます。また、口に入れると香ばしい風味が広がります。

2015年には、吉本興業グループが運営する地域活性プロジェクト「よしもと47シュフラン」で金賞を受賞しました。素朴な味が嬉しい、安定感のあるお土産です。

内容量12ケ入
販売価格1080円(税込)
法人名一般社団法人手づくりマルシェ
ホームページhttps://f-tezukuri.jimdo.com/
住所〒960-8066 福島県福島市矢剣町17-8
電話番号024-563-3680

➄いもくり佐太郎

[出典:ダイオー]

「栗」と「さつまいも」を組み合わせた、福島県限定の大人気スイーツです。

品質にこだわったさつまいもで生地をつくり、栗と白あんを練り混ぜたお菓子です。職人の手により、表面は「カリッ」と仕上がっています。

 

生地の中に残った角切りの栗が、食感・味・風味すべてのアクセントとなっています

そのおいしさが認められ、第26回全国菓子大博覧会最高賞の名誉総裁賞も受賞しました。

「いもくり佐太郎」は、以下の民話をイメージして作られたお菓子です。福島に古くから伝わる伝統を元にできたお菓子です。

いもくり物語
昔、しのぶの里の佐太郎という男のひとり娘を、我妻の山の神が嫁に欲しいと言い出しました。嘆き悲しむ娘と困り果てた佐太郎を見たお月様は、山の神の大好物の芋と栗を供えれば願いが叶うと教えました。

佐太郎がさっそく芋と栗をどっさり山の神に供えると、山の神は娘をあきらめ、娘はいいなづけと結ばれました。それからというもの、村人は願い事があると山の神に芋と栗を供えるようになり、佐太郎はいつしか『いもくり佐太郎』と呼ばれるようになったということです。
(しのぶの里 民話)

内容量8ケ入
販売価格1440円(税込)
法人名株式会社ダイオー
ホームページhttp://www.imokurisatarou.com/
住所〒960-8075 福島県福島市下野寺薬師堂後4
電話番号024-535-3311

➅ももりんサブレ―(白桃のコンフィチュール付き)

[出典:ニュー木村屋]

この商品の特徴は、サブレだけではなく、コンフィチュールがついていることです。コンフィチュールは、果物の果汁を煮詰めたものに、果肉を漬けて作ります。

ジャムに似ていますが、甘さ控えめで果実本来の香りが残っている点に特徴があります。

 

バターが香り、サクサクした食感のサブレと相性抜群です。材料には、福島県産の卵が使用されています。

福島大学の学生と共同開発した商品です。「福島らしさ」が詰まった、お土産におすすめの商品です。

 

製造元のニューキムラヤの始まりは、明治33年です。現在の福島市豊田町に「木村屋パン店」を開業しました。菓子パンが話題を呼び、当時から大人気だったそうです。

パッケージに描かれたうさぎのキャラクター「ももりん」は、福島市の観光キャラクターです。17000通りの名前の中から吟味され、名付けられました。

内容量ももりんサブレー5枚入
白桃ジャム(プレザーブスタイル)50g
販売価格604円(税込)
法人名有限会社ニュー木村屋
ホームページhttp://newkimuraya.jp/
住所〒960-8054 福島県福島市三河北町3-16
電話番号024-536-1028

➆duo de raisins(国産大粒高級枝付き干しぶどう 巨峰)

[出典:フルーツのいとう園]

福島の大粒高級ぶどうを枝付きのまま乾燥させて作った、贅沢な干しぶどうです。甘みがギュッと凝集されています。

味ももちろんですが、高級感のある洗練されたパッケージも魅力です。まるで結婚指輪でも出てきそうなオシャレさです。

着色料や保存料は一切使われていません。子供から大人まで、安心して楽しむことができます。

「シンプルかつ高級感を感じられるマーク、パッケージデザイン」が評価され、2016年には、GOOD DESIGN AWARDを受賞しました。

内容量150g
販売価格3994円(税込)
法人名株式会社フル-ツのいとう園
ホームページhttp://www.f-itoen.com/
住所〒960-0221 福島県福島市飯坂町東湯野字上岡14番地
電話番号024-563-5512

⑧みしらず あんぽ柿

[出典:YAHOOショッピング]

あんぽ柿は、福島県伊達市発祥の食べ物です。一言でいうと、「半干し柿」です。

一般的な干し柿は、水分を元の20~30%程度まで飛ばします。一方、あんぽ柿は50%程度まで乾燥させます。

干し柿に比べ、みずみずしさと柔らかい食感が残ります。干し柿のように黒ずむこともないので、見た目もよいです。

 

また、みしらず柿とは福島県会津で栽培されている渋柿です。優れた品質が認められており、毎年皇室に献上されています。

「みしらず」と名付けられた理由は諸説あります。一説には、「あまりの美味しさに我が身の心配も忘れ食べ過ぎてしまう」ことから、その名がついたと言われています。

 

本商品は、そんなみしらず柿で作った、あんぽ柿です。

干すことにより、カルシウムやカリウム、食物繊維などの栄養素も飛躍的に増えています。老若男女問わず喜ばれるお土産です。

内容量230g(4~6個入り)×2袋セット
販売価格2180円(税込)
法人名株式会社 山内果樹園
ホームページhttp://www.aizu-city.net/yamauchi/index.html
住所 〒965-0826 福島県会津若松市門田町御山字三島118
電話番号0242-26-8773

⑨銘菓 福島の桃 12個入

[出典:Wowma!]

名前の通り、福島県産の桃を模して造られたお菓子です。福島県産の桃果汁が使用されています。

白餡と桃の甘みが口の中で広がります。しっとりとした舌ざわりも特徴的です。

本当に桃が入っているかのようなパッケージも人気です。1箱で12個入っているので、バラマキ用のお土産に最適です。きっと誰にでも喜ばれるでしょう。

内容量12個入り
販売価格1080円(税込)
法人名株式会社郡山銘販
ホームページhttp://www.kk-takachiho.jp/(親会社 株式会社タカチホ)
住所〒963-0111 福島県郡山市安積町荒井字大久保45番地1
電話番号024-983-0312

まとめ

以上、福島県でおすすめのフルーツ系お土産を9個まとめてご紹介しました。

こうやって挙げてみると、福島県は、さまざまな果物の産地であることがわかると思います。

桃や柿などを生のまま持ち帰るのも、もちろんおすすめです。しかし、お土産として配るのであれば、今回ご紹介したような、フルーツ系お土産がよいでしょう。

是非、お土産選びの参考にしてみて下さい!