ご当地限定商品はこれ!通販では買えない福島のお土産8選

福島

昨今、多くのお土産は通販サイトを通じ、購入できます。そのため、現地で商品をまったく買わなくても、無難なお土産を手にすることができます。

しかし、中には通販では買えず、現地でしか手に入らないお土産もあります。そのような商品は、自宅に帰ってから欲しいと思っても、「あのお土産を買っておけばよかった」と後悔するしかありません。

そこで今回は、福島で買えるご当地限定商品を8つご紹介します。

スポンサードリンク

【1】クリームサンドクッキー 野の花

[出典:柏屋]

色鮮やかなクッキーの間に、ラムレーズン入りのクリームを挟んだお菓子です。クッキーはサクサクしていて、口の中でほろほろと崩れていきます。

味は、プレーン・ショコラ・抹茶の3種類です。また、1枚1枚が小袋に分けられています。

色々な味が楽しめ、小分けになっているのは、ばらまき用のお土産としては便利です。

内容量 6枚入(各2枚)
販売価格 648円(税込)
法人名 株式会社柏屋
ホームページ https://www.usukawa.co.jp
住所 〒963-8071 福島県郡山市富久山町久保田字宮田127番地の5
電話番号 024-956-5511

【2】ロミオのクリームボックス

[出典:ぐるたび]

JR郡山駅構内にある「郡山おみやげ館」の三万石ショップで買える、限定商品です。1日に販売されるのは、たったの200個です。昼過ぎには、売り切れてしまうことがあるので、注意が必要です。

「クリームボックス」は、郡山市で馴染み深い、ご当地グルメです。厚切りの食パンに、ミルク風味のクリームがたっぷり塗ってあります。テレビで紹介されたこともあり、全国的に人気が広がっています。

クリームボックスの発祥と言われる「ベーカリーロミオのクリームボックス」を、手軽に持ち帰ることができます。パッケージは可愛く、トーストを模したキャラクターが目を引きます。

ただ、賞味期限は1日だけなので、早めに食べる必要があります。

内容量 1個
販売価格 150円(税込)
店舗名 三万石 郡山おみやげ館
ホームページ http://www.sanmangoku.co.jp/news/news11.html
住所 〒963-8003 福島県郡山市燧田195 郡山駅 エキナカ1F
電話番号 024-923-1267
スポンサードリンク

【3】クリームボックスラスク

[出典:おみやげーと]

郡山市民が愛するご当地B級グルメ「クリームボックス」のラスクです。

通常の「クリームボックス」は、賞味期限が短く、お土産としては不便でした。しかし、本商品は製造後、約80日間日持ちします。

食感はザクザクとしており、実際の「クリームボックス」とは異なります。しかし、ミルク風味のクリームの味は、忠実に再現されています。

 

福島県内の多くのお土産屋で購入できます。観光地の他、パーキングエリア、駅、空港などで探してみてください。

12枚入りで756円と、枚数の割に値段は安いです。個別に包装されているので、ばらまき用のお土産におすすめです。

内容量 12枚入り
販売価格 756円(税込)
法人名 株式会社長登屋(郡山)
ホームページ http://www.nagatoya-gift.com/
住所
〒963-1309 福島県郡山市熱海町熱海6丁目58
電話番号 024-984-3065

【4】クリームボックスケーキ

[出典:Twitter]

ご当地名物「クリームボックス」の味を生かし、ケーキにアレンジした商品です。ふわふわとした生地の上に、ミルク風味のクリームをたっぷり塗られています。

手のひらに何とかのりきる大きさで、ボリュームたっぷりです。切り分け、数人で食べるのが普通です。しかし、1人で全て食べるのも夢があってよいです。

賞味期限は、2カ月程度です。福島空港、郡山駅、磐梯山SA、安達太良SAなどで購入できます。

内容量 1箱
販売価格 594円
法人名 株式会社長登屋(郡山)
ホームページ http://www.nagatoya-gift.com/
住所
〒963-1309 福島県郡山市熱海町熱海6丁目58
電話番号 024-984-3065
スポンサードリンク

【5】お米の純生 和ロール

[出典:ふくラボ!]

地元随一の和菓子店「玉木屋本舗」で人気のロールケーキです。現在8代目という店主が洋菓子の要素を取り入れ、和洋折衷のスイーツが出来上がりました。

生地は、うるち米を砕いた米粉を使用して作っています。ふわふわとした食感です。

クリームには、大きな黒豆が入っています。黒豆が、味・食感両方のアクセントになっています。

「米粉」「黒豆」と個性が際立つロールケーキなので、お土産にすれば喜ばれること間違いなしです。

内容量 1本
販売価格 972円(税込)
法人名 玉木屋本舗
住所 〒962-0839 福島県須賀川市大町302
電話番号 0248-73-2393

【6】たまごプリン

[出典:食べログ]

牛乳・卵・砂糖・バニラエッセンスのみで作った、こだわりのたまごプリンです。ゲル化剤等も使用していません。

保存料を使っていないので、賞味期限は短いです。お店は完全予約制です。購入する場合には、事前に予約注文をしましょう。

ギフトボックスは、アーティスト日比野克彦氏がデザインしたものです。日比野克彦氏は、現在東京藝術大学美術学部長を務めています。

あらゆる点でこだわり抜いたプリンは、特別な人へのお土産におすすめです。

内容量 6個入り
販売価格 1590円(税込)
法人名 有限会社プディングアリス
ホームページ http://www.shiawase-alice.jp/
住所 〒971-8172 福島県いわき市泉玉露5-12-2
電話番号 0246-56-7818
スポンサードリンク

【7】フレッシュフルーツどら焼き

[出典:magazine&web aruku]

新鮮なフルーツとクリームをたっぷり挟んだ、贅沢などら焼きです。どら焼きをメインに作っている和菓子屋「よしだや」の季節限定商品です。

生地は軽く、ふわふわしています。クリームの量は多いですが、フルーツの酸味のおかげで、甘ったるさは感じません。

「よしだや」では、定番品・季節限定品を合わせて、計10種類のどら焼きが常時販売されています。定番品は、「あん」「餅入ごま」「あんバター」「ずんだ」「ジャムバター」です。

店舗は、郡山駅から徒歩15分のところにあります。郡山駅に来た時には、ぜひ寄ってみてください。

内容量 1個
販売価格 160円(税込)
法人名 よしだや
住所
〒963-8871 福島県郡山市本町2丁目23-15
電話番号 024-932-2365

【8】飴(大野屋)

[出典:大野屋本店]

大正時代から続く老舗「大野屋本店」が作る、昔ながらの飴です。

専門店が作る個性豊かな飴は、お土産にはぴったりです。20種類以上の飴が販売されています。店員さんにお願いすると、予算に合わせて、希望の飴を詰め合わせてくれます。

11月から3月にかけて発売される「ゆず飴」をはじめ、期間限定商品もあります。

店舗は、福島駅前のエスタビル1階にあります。福島駅近くに来た時には、ぜひ立ち寄ってみてください。

法人名 有限会社大野屋本店
ホームページ http://www.oonoya-honten.com/
住所
〒960-8031 福島県福島市栄町6-1 エスタビルB1
電話番号 024-522-5562

まとめ

世の中のお土産の多くは、通販で買うことができます。

だからこそ、「現地でしか買えないお土産」を貰った相手は、一際喜ぶはずです。

ぜひ本サイトを参考にしつつ、福島県のご当地限定商品を探してみてください。

スポンサードリンク