福岡県の名産”八女茶”の生地!八女でおすすめのお土産12選

福岡の南部に位置する”八女市”。八女といえば、やっぱり有名なのは”八女茶”ですよね。

福岡の定番土産の中にもこの八女茶を使った商品やスイーツがたくさんあります。

今回は、”八女茶”で有名な八女市でおすすめのお土産。八女茶を使ったお菓子を中心に人気のものを12個まとめてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

1.八女茶


[出典:http://www.rakuten.ne.jp/gold/ushijimaseicha/]

  • 価格   :¥600~
  • 買える場所:各お土産屋

福岡県内で作られたお茶のブランド「八女茶」は、1423年にお茶の栽培が伝えられたことから始まり、今や全国6位の生産量を誇る歴史ある有名なお茶です。

「八女茶」の特徴は、甘くてコクがあり旨みが強いこと。

八女地方に行くと、八女茶関連の商品がたくさんあります。是非おいしいお茶をお土産にどうぞ!

2.隆勝堂 「お茶まん」


[出典:http://www.ryushodo.com/shop/products/detail.php?product_id=7]

  • 価格   :¥1,160 ~ ¥1,690
  • 買える場所:八女本店(八女市大字蒲原729-1)・清水町店・パセオ店など

八女市に本店を持ち、お隣の久留米市にも数店舗を構え、おいしい八女茶菓子を作り続けている『隆勝堂(りゅうしょうどう)』。

地元八女産の抹茶とミルクが練り込まれたあんを、抹茶を練り込み一週間以上寝かせた生地で包んだ、まさに名前の通り「お茶まん」がお土産におすすめです。

口溶けの良いまろやかな食感が特徴。八女抹茶の風味と、しっとり熟成されたあんを存分に味わうことができますよ。

3.隆勝堂 「蹴洞(けほぎ)」


[出典:http://www.ryushodo.com/shop/products/detail.php?product_id=4]

  • 価格   :¥1,160 ~ ¥3,390
  • 買える場所:八女本店(八女市大字蒲原729-1)・清水町店・パセオ店など

『隆勝堂』発祥のオリジナル菓子「蹴洞(けほぎ)」。今や伝統的な八女菓子として、八女市や久留米市で非常に人気のお菓子です。

中身の特製あんは、白あんの中に卵の黄身をたっぷり入れて練り上げ、最後に生クリームを入れているのがポイント。

生地にはバターとピーナッツクリームが使われており、クッキーのようなサクサクとした食感を楽しめます。和洋のいいとこどりのお菓子ですね。

4.菓子処きくや 「茶の実」


[出典:https://www.facebook.com/1412714702315680]

  • 価格   :¥130
  • 買える場所:本店(福岡県八女市本町69)

明治35(1902)年創業の八女で最も古いお菓子屋さん『きくや』。

そんな『きくや』の2代目が約70年前に考案したのが、「茶の実(ちゃのみ)」と呼ばれるお菓子です。

シナモンをまぶし、本物のお茶の実に近い色にしています。シナモンと八女茶たっぷりのあんが絶妙ですよ。

5.菓子処きくや 「あいすどら」


[出典:https://www.facebook.com/1412714702315680]

  • 価格   :¥220
  • 買える場所:本店(福岡県八女市本町69)

同じく八女の老舗菓子処『きくや』から、冷たいアイスを挟んだどら焼き『あいすどら』。

八女茶を使った八女茶アイスに加えて、期間限定で八女産のあまおう苺たっぷり使用したいちごアイス、そしてサッパリ柑橘系のゆずアイスの3種類があります。

持ち歩き・日持ちは短いですが、是非八女に行ったら食べてほしいスイーツです。

6.八女茶sweetsなつめ 「なつめ」


[出典:https://www.facebook.com/sweetsnatsume/]

  • 価格   :¥300
  • 買える場所:本店(福岡県八女市本村榎木町1032-2)

福岡県八女地方のお茶農家が栽培した質の高い茶葉を使って、こだわりの八女茶スイーツを作っている『八女茶sweetsなつめ』。

店内どこを見ても、八女茶スイーツ尽くし!その中でも人気No.1のお菓子が焼き饅頭「なつめ」。お店の名前がつけられている看板商品です。

八女茶をあんにたっぷりと使ったお饅頭で、食べやすい一口サイズのお饅頭が5個入っています。ミルク仕立ての皮とあんが絶妙にマッチしていて人気の理由がわかります。

 

スポンサードリンク

7.八女茶sweetsなつめ 「八女茶バウム」


[出典:https://www.facebook.com/sweetsnatsume/]

  • 価格   :¥1,200
  • 買える場所:本店(福岡県八女市本村榎木町1032-2)

同じく『なつめ』から、こちらも八女茶をたっぷりと使ったバウムクーヘン。普通のバウムクーヘンより生地がしっとりめで、お茶の味がしっかりと出ています。

一切れだけでも十分お茶の風味を満喫できるくらい贅沢。大人数で分ける場への手土産に最適ですね。

贈呈用などにも喜ばれている人気商品です。

8.駅前まんじゅう 「じゃがいもまんじゅう / 里いもまんじゅう」


[出典:http://denwaya.sagafan.jp/e496275.html]

  • 価格   :¥100~
  • 買える場所:駅前まんじゅう本店(八女市黒木町今2175-5)

八女市の黒木(くろぎ)町にあるおまんじゅうのお店。実際に黒木町には駅はないのですが、かつては駅があった場所の前ということで今でも「駅前まんじゅう」と呼ばれています。

ちなみに女優の黒木瞳さんがこの町出身で、今でもよく愛用しているそうです。

おまんじゅうというと、甘いあんこというイメージが強いですが、ここのおまんじゅうはその概念を覆してくれます。じゃがいもや里いもをだんご生地で包んだユニークなおまんじゅうなのです。

お菓子というよりおかず感覚で食べられて、ヘルシー&おいしい新感覚のおまんじゅうです。

9.千鳥屋 「八女玉露チロリアン」


[出典:http://www.chidoriya.co.jp/item/gyokurotirolian.html]

  • 価格   :¥500~
  • 買える場所:千鳥屋ゆめタウン八女店

新鮮なミルクとバターをたっぷり使い、さくっと軽い食感に焼き上げたロールクッキーの中に、千鳥屋オリジナルの口どけなめらかなクリームが入った「チロリアン」。

そんな大人気の「チロリアン」から八女玉露を抹茶にした、玉露抹茶だけを使用して作られたのが、「八女玉露チロリアン」。

希少な八女玉露抹茶だけを贅沢に使ったクリームを、さくさくのクッキーで包んだお菓子です。

10.福太郎 「めんべい」

(※写真は八女地方ではなく、博多駅で撮影されたものです。)

  • 価格   :¥480~
  • 買える場所:各お土産屋

福岡土産の定番中の定番「めんべい」。子どもたちのおやつにも、お父さんのお酒のお供にも、万人から愛されています。

『福太郎』の明太子に、海鮮の旨みがぎゅっと凝縮された、新感覚のおせんべい。八女の各お土産ショップでも大人気の商品です。

プレーンの他にもマヨネーズやネギなどフレーバーが豊富なのもポイントですよ。

11.うまかっちゃん

  • 価格   :¥105~
  • 買える場所:各お土産屋

豚骨ベースに野菜や香辛料でまとめた白濁スープ。ローストポークの香り高いオイルがおいしさを引き立てる定番のとんこつラーメン「うまかっちゃん」。

今や九州代表として全国的に人気の乾麺です。

八女でもラーメンのお土産として知名度の高い「うまかっちゃん」を選ぶ方が多いようですね。

12.八女手すき和紙(和紙作り体験)


[出典:http://www.yame-kougeikan.jp/tesukiwashi.html]

  • 価格   :¥600~
  • 買える場所:八女伝統工芸館

お茶に続いて、八女地方の有名どころといえば和紙。八女手すき和紙の歴史は九州で最も古く、今から400年ほど前の文禄4年(1595年)に、越前国(今の福井県)から和紙の技法を伝えられたことが始まりとされています。

八女地方特有の繊維の長い楮(こうぞ)を主原料としているので、他産地にはない引きが良く腰のある強靱で優美さが特徴の和紙です。

そんな和紙を使ったしおりやうちわを実際に作ることができるのが八女伝統工芸館。手作り和紙をお土産にどうぞ!

まとめ

以上、八女市のお土産でおすすめ&人気のものを12個まとめてご紹介しました。

やっぱり八女茶のイメージが強いので、お茶系のスイーツが大人気ですね。八女市にしかないお店の商品が特にお土産におすすめです。

お茶の他にも、和紙が八女の伝統工芸だということも発見ですね。お茶と和紙の組み合わせが日本らしくて外国人にもおすすめできそうです。

是非、八女土産を選ぶ際の参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク