福岡のお土産といえばやっぱりコレ!おすすめ明太子商品20選

福岡名物といえば・・・明太子!

ピリ辛な明太子をご飯の上に乗せて食べたり、お酒のおつまみにしたりと、考えるだけで食欲がわいてきます。

今回は、明太子の聖地・福岡で買いたい、お土産にぴったりのおすすめの明太子商品を20個まとめてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

1.福岡で有名な明太子のお店6選

まず最初に、一言に「福岡の明太子」と言っても、種類はたくさん。メーカーもたくさん。どれを選んでいいか迷うことでしょう。

多数の明太子メーカーの中でも、有名どころを6つピックアップしてそれぞれの特徴をご紹介します。

  • ふくや・・・日本で初めて明太子を製造販売した老舗
  • やまや・・・「匠のタレ」で168時間(7日間)じっくり熟成した明太子
  • 福さ屋・・・イワシを使った魚醤に漬け込んだコクのある明太子
  • 椒房庵・・・北海道産にこだわった濃厚なうまみの明太子
  • 稚加滎・・・料亭と販売店がありメディアでも絶賛
  • めん重・・・福岡初の明太子料理専門店

2.福岡土産におすすめの明太子商品12選

それでは、ここから福岡土産にぴったりの明太子を使った商品を12個、順番にご紹介していきます。

①辛子明太子【無着色】

  • 値段   :¥540~(サイズなどによる)
  • 買える場所:博多駅・福岡空港・その他お土産屋

上記で紹介した明太子メーカーから、たくさんの種類の辛子明太子が発売されています。

同じ辛子明太子でもあの独特な赤さが魅力の【元祖】辛子明太子と、体に優しい【無着色】があります。

パンチの効いた辛さを求めるなら着色料入りの【元祖】ですが、最近はピリッとコクのある辛さは健在かつ体にも安心の【無着色】が非常に人気です。(※【元祖】も体に害のない範囲での着色料使用なのでご安心下さい。)

②めんたい昆布

  • 値段   :¥1,080
  • 買える場所:博多駅構内マイング・博多駅キオスク・福岡空港

昆布のまろやかな旨みと、辛子明太子のピリッとした辛さの絶妙なコンビネーションが人気の「めんたい昆布」。

画像は博多駅キオスクにあった『まつ本』のめんたい昆布。

(※多数のメーカーが製造しており、メーカーによって原材料や製造方法などが異なります。)

③いわし明太

  • 値段   :¥540~
  • 買える場所:博多駅構内マイング・博多駅キオスク・福岡空港

じっくり炊き上げたイワシに、明太子をたっぷりつめた「いわし明太 / 明太いわし」。しっかりと味が染み込んでいるのでご飯のおかずにピッタリです。

(※多数のメーカーが製造しており、メーカーによって原材料や製造方法などが異なります。)

④数の子めんたい

  • 値段   :¥756
  • 買える場所:博多駅構内マイング・博多駅キオスク・福岡空港

数の子のプチプチ感と、明太子の辛みがマッチした、お酒のおつまみやご飯のおかずにぴったりの「数の子めんたい」。

数の子も明太も濃いめの味なので、ご飯と一緒に食べるのがおすすめです。

⑤くらげめんたい


[出典:http://www.fukuya.com/shop/web/ECU04005.do?productId=66]

  • 値段   :¥756
  • 買える場所:博多駅構内マイング・福岡空港

くらげのコリコリの食感と、ピリッと辛い明太子の組み合わせがたまらない「くらげめんたい」。お酒のおつまみに最適です。

⑥ゆずめんたい

  • 値段   :¥756
  • 買える場所:博多駅構内・天神岩田屋地下1F・福岡空港

食べた瞬間は明太子の辛みや旨み、その後確実にゆずの風味が口の中に広がり、最後の後味は爽やかな「ゆずめんたい」。これはハマります!

⑦ふくや 「めんツナかんかん」

  • 値段   :¥324
  • 買える場所:博多駅キオスク・福岡空港

『ふくや』の看板商品「めんツナかんかん」。最も脂のりが良い時期に収穫された国産のまぐろを使用。

柔らかく口当たりが良いツナをたっぷりの明太子の液に漬け込みます。

程よい辛さのツナで人気の通常缶に加えて、辛党におすすめの唐辛子をさらに2種類加えた”辛口缶”と、明太子好きにおすすめの缶の20%も明太子の粒が入ったツナ缶”プレミアム”、も人気ですよ。

⑧やまや 「めんたいチューブ」

  • 値段   :¥648
  • 買える場所:博多駅構内マイング

デザインかわいい、使い道いろいろ、持ち帰りやすい、もちろんおいしい!福岡のお土産屋の店頭でもひときわ存在感を放っている『やまや』の「めんたいチューブ」。

食べたい分だけ出せるチューブタイプの辛子明太子です。ご飯に良く合う明太子や明太梅昆布に加えて、クリームチーズやはちみつなどパンにも合う「めんたいチューブ」も大人気ですよ。

⑨椒房庵 「こばこシリーズ(明太子)」

  • 値段   :¥361
  • 買える場所:椒房庵店舗(天神駅岩田屋地下1階)

いろんな種類の明太子をちょこちょこ食べたいという方におすすめなのが『椒房庵』のこばこシリーズ。各¥361のお手頃価格なので、3~4種類を食べ比べしたい方にピッタリです。

⑩福さ屋 「辛子めんたい風マヨネーズ」

  • 値段   :¥540
  • 買える場所:博多駅構内マイング・福岡空港

マヨネーズの味と程よい辛みの辛子明太子が絶妙にマッチした「辛子めんたい風マヨネーズ」。

サラダのドレッシングやお好み焼き・たこ焼きなどの粉モノにも◎。

⑪まつ本 「松前風 めんたい博多漬け」

  • 値段   :¥1,080
  • 買える場所:博多駅キオスク

北海道の郷土料理、数の子・昆布・するめを混ぜて漬け込んだ【松前漬け】の福岡明太子バージョン。ご飯のおかずにピッタリです。

⑫福太郎 「ぱらぱらめんたい」

  • 値段   :¥399
  • 買える場所:博多駅構内マイング・福岡空港

顆粒タイプの明太子で、ふりかけにも、チャーハンにもパスタにも!

溶けやすくて使いやすい「ぱらぱらめんたい」。お値段も安くて持ち帰りやすく、お土産に最適です。

 

スポンサードリンク

3. 明太子味でおすすめのお菓子・おせんべい8選

続いて、ちょっとしたおやつにも、お酒のおつまみにも嬉しい明太子味のお菓子・おせんべいをご紹介。甘い物が苦手な人へのお土産にピッタリです。

①福太郎 「めんべい」

  • 値段   :¥480~
  • 買える場所:博多駅・福岡空港・その他お土産屋

福岡土産の定番中の定番「めんべい」。子どもたちのおやつにも、お父さんのお酒のお供にも、万人から愛されています。

『福太郎』の明太子に、海鮮の旨みがぎゅっと凝縮された、新感覚のおせんべい。

プレーンの他にもマヨネーズやネギなどフレーバーが豊富なのもポイントですよ。

②明太えびせんべい

  • 値段   :¥1,080
  • 買える場所:博多駅・福岡空港・その他お土産屋

明太子とエビという最強の組み合わせで味も食感もクセになる「明太えびせんべい」。

うるち米を大小様々に砕いて焙煎したパリパリの生地。エビのしっかりとした風味にたっぷりの明太パウダーをふりかけて仕上げています。

お酒のおつまみに、食べ出したら止まらない人気商品です。

③稚加滎(ちかえ) 「めんたいチーズサンド」

  • 値段   :¥1,080
  • 買える場所:福岡空港・稚加滎本店(赤坂駅から徒歩4分)

天神エリアの有名な明太子専門店『稚加滎』から、福岡エリアお持ち帰り限定商品の「めんたいチーズサンド」。

『稚加滎』の明太子に濃厚なチーズを混ぜ込み、サクサクのえびせんべいでサンドしました。

明太子・チーズ・えびのコンビネーションがたまらない、風味豊かなお菓子です。

④やまや 「めんたいおかき」

  • 値段   :¥494
  • 買える場所:博多駅銘品蔵・福岡空港

明太子の辛みと、おかきのサクサクの食感で安定のおいしさ。おじさま方のお酒のおつまみにピッタリ。

⑤じゃがりこ 明太子味

  • 値段   :¥800
  • 買える場所:博多駅・福岡空港・その他お土産屋

ご存じご当地「じゃがりこ」明太子味。これなら子どもでも美味しく食べられて老若男女に大人気です。

⑥プリッツ 博多明太子味

  • 値段   :¥756 ~ ¥1,080
  • 買える場所:博多駅銘品蔵・キャナルシティ”The HAKATA”など

プリッツの博多明太子味。ビッグサイズで明太子をしっかり味わえる「ジャイアントプリッツ明太子味」と、ミッキーパッケージでお子様にも好評のマヨネーズ仕立て「ちっちゃなプリッツ明太子味」。どちらも大人気のお土産です。

⑦明太子かりんとう

  • 値段   :¥1,080
  • 買える場所:博多駅・福岡空港・その他お土産屋

甘いの?辛いの?名前からはどんな味か想像がつかないですが、これとっても食べやすくて美味しいです。明太子の辛みがかりんとうのまろやかさで抑えられて、辛いモノが苦手な方にもおすすめできますよ。

⑧明太子まんじゅう あとから辛いばい

  • 値段   :¥864
  • 買える場所:博多駅おみやげ本舗(新幹線改札前)

こちらは、「かりんとう」に比べてややネタ的な要素を盛り込んだ「明太子まんじゅう」。あんこのまんじゅうの中に明太子と唐辛子が入っているので、キャッチフレーズの通り、”あとから辛い”です。

怖い物見たさに自分で買う、または仲の良い友達にウケ狙いで買うくらいがちょうどいいでしょう。

4.値段が断然安い!自宅用には明太子の”切子”がオトク!

福岡の明太子のお土産を見ていると【切子(きれこ)】と書かれたものをよく見かけると思います。

これはいわゆる”訳あり明太子”のことで、型崩れしていたり、皮が切れているけれど、品質に問題がない明太子は【切子】として半額ほどの値段で売られています。

品質に問題がない上、どうせ食べるときには崩れるものなので、よっぽどの贈呈用でなければ断然【切子】がおすすめです。

5.生明太子の賞味期限は?冷凍のままの発送が新鮮でおすすめ

新鮮な明太子を食べたいけど、気になるのは日持ち期間ですよね。

生明太子は基本的に冷凍状態で販売しており、冷凍で約1ヶ月、冷蔵に戻して約1~2週間、常温で約12時間とされています。

持ち歩き時間が長い、または食べるまで日にちがあくという方は冷凍のままの発送がおすすめです。

また、当記事で紹介した明太子メーカーでは、通販ページでも明太子の購入ができるのでご活用下さい!

6.福岡初の明太子料理専門店『めんたい重』に行ってみた!

  • 住所:福岡県福岡市中央区西中洲6-15
  • アクセス:天神駅から徒歩約5分

ここまでではお土産品を紹介してきましたが、せっかく福岡に来たので、現地でおいしい明太子が食べられるお店に行ってみました。

福岡初の明太子料理専門店『めんたい重』では、じっくり漬け込んだ昆布巻き明太子を、海苔を敷いたほかほかのご飯の上にのせ、「特製かけだれ」をかけた「元祖博多めんたい重」を食べることができます。


【飯吸セット(めんたい重+めんたい吸い)¥2,280】

せっかくなので、明太のお吸い物付きのセットにしてみました。ランチでこの値段ですから高級ですね。(ちなみに単品のめんたい重は¥1,680、めんたい吸いは¥780)

まずはお吸い物から。めんたい重と同じくらいの大きさのお椀の中に薬味と共にたっぷりの明太子が入っています。これだけでもボリューム満点。お吸い物というより明太子メイン。さすが明太子料理専門店ですね。

そしてお待ちかねのめんたい重。重箱が高級感を醸し出しています。

明太子1つしかのっていないので、男性にはちょっと足りないかも?女性の私には十分でした。

一見、明太子よりご飯の割合が多く思えますが、しっかりと味のついた明太子をひとかけ食べれば、ご飯が進む、進む。海苔とご飯と明太子の相性抜群です。上にのったシソもサッパリ。

シンプルながらも無駄がなく、素材の味を活かしきった逸品です。

特製めんたい重のたれも各テーブルにおいてありました。めんたい重にはすでにタレがかかっていますが、気に入ったらその場で購入もできますよ。

めんたい重自体も購入して発送することができます。

とっても人気のお店で平日の昼にも関わらず、12時半過ぎにはもう並んでいました。福岡に来たら絶対に訪れてほしい明太子料理屋さんです。

まとめ

以上、明太子の聖地・福岡で買いたい、お土産にぴったりのおすすめの明太子商品を20個まとめてご紹介しました。

明太子そのものはもちろん、明太子を使った加工品やお菓子などは、生ものに比べて賞味期限が長く日持ちするので、お土産にピッタリですよ。

ピリッとした刺激がたまらない辛子明太子。是非、お土産選びの参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク