ずっと使えて思い出のものに!浅草らしい小物のお土産6選

下町、浅草は毎日たくさんの観光客が訪れる人気の街。特に浅草寺やその周りは、浅草ならではの商品や名物を取り扱うお店が多く、観光がてらお土産探しにピッタリのスポットです。

今回は、そんな浅草で買いたい小物のお土産。形に残るお土産でおすすめのアイテムを6つご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

1.扇子

2647966124_edce9c4848_b
[出典:Marufish]

  • 価格   :¥2,000 ~ ¥50,000
  • 買える場所:文扇堂(仲見世店、雷門店)・高久(新仲見世)・万葉(雷門店)etc…

種類次第でカジュアルなお土産としても、フォーマルなギフトとしても最適な扇子。

通常の涼風扇子から、稽古や舞台でプロが使う「舞扇」、贈答用やインテリアにもなる「飾り扇」など様々です。贈答用の扇子はなんと数万円するものもあります。

浅草には有名な扇子の専門店がいくつかあるので、きっと気に入ったものが見つかるハズ。年配の方や外国人へのお土産に喜ばれるでしょう。

大切な人へのギフトとしてはもちろん、浅草観光の思い出として自分用のお土産としてもおすすめですよ。

2.お守りストラップ

2647130447_6a8a4d63ac_b
[出典:Marufish]

  • 価格   :¥400 ~ ¥1,000
  • 買える場所:浅草寺・仲見世通り

浅草寺や仲見世通りで目を引く可愛らしいお守りストラップ。ただのお守りではなく、キーホルダーやストラップ調になっているので、身につけられるのがポイントです。

「交通安全」「家内安全」「大願成就」などそれぞれに意味が込められているので、相手に合わせてお守りの種類を選ぶことができますね。

特に、浅草ならではの雷門の提灯(ちょうちん)マスコットがついたものや、招き猫のマスコットがついているものが人気です。

3.手ぬぐい

main_v
[出典:http://www.kururi.jp/]

  • 価格   :¥500 ~ ¥3,000
  • 買える場所:浅草くるり 浅草店・染の安坊 浅草本店・染絵てぬぐいetc…

「手ぬぐい」というと年配の人が使うもので、最近ではあまり使い道がないと思いがちですが、実は今その「手ぬぐい」がブームでもあるのです。

手ぬぐいの魅力は、使い込むほど肌触りがよくなり、タオルよりも乾くのが早いこと。そして手ぬぐいは汗拭き・手拭きとしてだけではなく、壁飾り・テーブルクロス・お弁当包みなどなど、楽しみ方は自由自在なのです。

そんな「手ぬぐい」が浅草でも手に入ります。いくつか有名なお店があるので、お土産選びだけでなくウィンドウショッピングとして見るだけでも楽しいですよ。

美しいデザインで、使用方法が豊富な手ぬぐいは、幅広い世代に喜ばれるお土産でしょう。
 

スポンサードリンク

4.元祖食品サンプル屋 「食品サンプル」

gsgoods004
[出典:http://www.ganso-sample.com/]

  • 価格   :食品サンプル体験¥2,160(電話で予約可)
  • 買える場所:かっぱ橋道具街

浅草での忘れられない思い出のひとつとして、80余年の歴史を受け継ぐ元祖食品サンプル屋で伝統の「蝋」を使った食品サンプル作りを体験してみませんか?

特に友達同士や子ども連れの家族向けにおすすめの体験です。自分だけのオリジナル食品サンプルをお土産に持って帰りましょう。(※体験で作れるサンプルは、” 天ぷら2個(エビ・ナス・カボチャ・シイタケ・サツマイモ他から2品選択)+レタス1個です。)

体験はもちろん、店頭には色とりどりの可愛らしい食品サンプルが並びます。食品サンプルのマグネット、キーリング、ストラップなどはお土産にぴったりですよ。

5.三美堂 「着物ボトルウェア」

kimono_bottle wear1
[出典:http://homepage2.nifty.com/sanbido/index.html]

  • 価格   :¥2,200 ~
  • 買える場所:仲見世店(仲見世通り沿い、浅草寺近く)

昭和14年に仲見世通りに開業した「三美堂(さんびどう)」。日本の伝統的な縁起物を多数取り揃えており、国内外から多くの観光客が集います。「和」を感じさせる数々の商品の中から、とっておきの浅草土産が見つかるでしょう。

その中でも人気の商品が「着物ボトルウェア」。ワインボトルを日本の伝統的な着物スタイルで飾るユニークなデザインがポイントです。

種類は、普通の着物・侍用の着物・姫用の着物の3種類。ワインが一気に和の雰囲気に早変わり。もちろんサイズが合えばワイン以外のお酒のボトルにも使えます。美しい着物の魅力を、小物として身近に感じられるなんてすばらしいですね。

6.文庫屋 大関 「皮革伝統工芸」

ozekiya
[出典:http://www.oozeki-shop.com/]

  • 価格   :¥3,500 ~ ¥20,000
  • 買える場所:浅草店(雷門からお店まで徒歩4分)

皮革伝統工芸を取り扱う文庫屋「大関」。文庫と言っても本屋ではなく、上の画像のような「文庫革」という名前の革製の伝統工芸品のお店です。

創業から80余年、新しい品物でありながら、使い込んだような古びた雰囲気を感じさせる風合いと、その柄の豊富さが特徴の人気商品を多く取り揃えています。

商品は職人のてによってひとつひとつ丁寧に作られており、色のバリエーションは無数。季節に合わせて、お客様の好みに合わせて彩色のバリエーションを変えることも可能だそうです。

財布や物入れを始め、キーホルダーや手鏡などの小物も充実。ただお値段は結構するので、大切な方へのお土産や特別なギフトに最適です。

まとめ

以上、浅草で買いたい小物のお土産。形に残るお土産でおすすめのアイテムを6つご紹介しました。

浅草ならではの可愛くてユニークな小物が勢揃い。大切な人へのお土産にはもちろん、自分用にも購入したいものばかりですね。日本らしさを感じることができるので、外国人の友達へのギフトにも最適です。

是非、浅草のお土産選びの参考にして下さい!

スポンサードリンク